チームとして「工夫が足りなかった」…今野泰幸、中国戦では「決定機を作るパスを」

写真拡大

 「決定機を作れなかった」と今野泰幸(ガンバ大阪)は悔しさを滲ませた。

 8日に行われたEAFF E−1 サッカー選手権2017決勝大会で朝鮮民主主義人民共和国代表と対戦した日本代表は、後半アディショナルタイムに井手口陽介(ガンバ大阪)の劇的ゴールが決まって辛くも勝利した。しかし、今野は試合内容について「攻撃面ではスピードアップができなかった。守備では簡単に決定機を作られてしまった」と反省点を口にした。

 今回の招集メンバーで最年長となる今野は、個人よりもチーム全体の反省点に言及する。「今考えると、皆が皆自分のポジションを守りすぎていた。決められたポジション通りの動きだけだと相手の陣形は崩れない。工夫が足りなかった。皆が考えて個人個人を活かしてあげないといけない」

 「代表戦は重みがあって負けられない試合。だから少し守りに入ってしまう。ボールを失いたくない意識が強すぎるあまり、安全なプレーが多かった。見ている人たちに消極的なプレーだったと思われても仕方がない」

 もっとも、井手口の決勝弾の起点となったのは今野のアシストだ。それでも今野は自分の攻撃参加について「まだボールを受ける位置が低いですね」と口にする。最後に、次戦の12日に行われる中国代表戦に向けて「もっと前でボールに触って、決定機を作るパスを出していきたい」と自身の意気込みを語った。