使えば気分晴れやか、いいこともありそう。新年を間近に控えた今、幸運が期待できそうなグッズが注目を集めている。

 今年もあとわずか、来年こそはとの思いがふと頭をよぎることも多くなる時期となった。飛躍や活躍には努力が必要だが、ちょっとした心のよりどころとなるグッズを紹介しよう。

 たとえば、偶然目にするとうれしい「茶柱」。縁起茶本舗(運営はアルゴプラン:福岡県福岡市)が企画・開発した「茶柱縁起茶」は、カプセル内に粉末状のお茶と茶柱が入っている。カプセルを開いて中身をカップに、そしてお湯を注げば、昔から縁起よしとされる茶柱が立ったお茶を楽しむことができる。慌ただしい師走に、香りの良い1杯でひと休み。ふと見ると茶柱も立っている。さあ、もうひと仕事と元気がみなぎってきそうだ。価格は324円(税込、1包入)など。

 普通の消しゴムとは思えない神通力を発揮しそうなのがシード(本社:大阪府大阪市)の「神宮御山杉(じんぐうみやますぎ)レーダー」、1個500円(税別)。この消しゴムのケース素材には神宮杉が使われている。神宮杉とは、伊勢神宮(正式名称は神宮)の神域内で育つ杉のこと。このうち樹齢300年以上で、台風などによって影響を受けた神宮御山杉と呼ばれるものが、今回ケースとなり商品化された。独特の風合いや香りも楽しめるが、素材の育ちはパワースポットの伊勢神宮であり神木でもある。この消しゴムを使えば文字などの間違いとともに、悪い運気も消し去ってくれそうだ。

 2018年の1冊にと、劇的に「運」が良くなる手帳も登場している。日々のスケジュールなどを記入する手帳だが、購入者の来年の運勢を四柱推命で占い、毎日毎月の運気、心理状態を手帳内に記載してくれる。これらの情報を自らの行動の指針として利用すれば、より幸運をつかむ可能性も高まり、結果運気も劇的に上向くはずだ。迷いが生じたときに頼もしい存在となってくれそうなこの手帳、考案したのはモミプランニングオフィス(神奈川県相模原市)。大きさは文庫サイズで価格は9,800円(税込)。なお個別に占いを行うため、購入時に購入者の性別、生年月日、できれば生まれた時刻といった情報が必要となる。

 過度な依存は禁物だが、使ってみれば素敵な出来事に巡り会えそうな気持ちにさせてくれるグッズたち。暮らしの中に取り入れてみるのもよさそうだ。

加藤 秀行[著]、阪神 裕平[著]

【関連記事】
ギフトに喜ばれる「どら焼き」あれこれ 生産量世界一や大福帳柄、成金饅頭など
申年のハッピーアイテム「赤パンツ」 快適で縁起がよく、若い世代からも人気に
記入式の「お守り」が人気 縁起物もひと手間を加える時代に
「お米」に新たなひと工夫 無農薬玄米や恋の味、受験の縁起物など
幸運を呼ぶ「縁起物」鉄道グッズ 合格祈願の受験生に人気