映画の中のカン・ハヌル(配給会社提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】俳優カン・ハヌルとキム・ムヨル主演のスリラー映画「 記憶の夜」(原題)が公開から12日で観客動員100万人を達成した。配給会社が10日発表した。

 11月29日に封切られた同作は今月9日に12万2863人を動員して累計98万8148人となり、この日の午前に大台を突破した。

 「記憶の夜」は拉致された後、記憶を失った兄(キム・ムヨル) と、そんな兄を疑ううちに、自分の記憶も疑うことになる弟(カン・ハヌル) の物語を描いた。