女子アジアカップの組み合わせ決定!なでしこジャパンはオーストラリア、韓国、ベトナムと同居《女子アジアカップ》

写真拡大

▽9日、AFC女子アジアカップヨルダン2018の組み合わせ抽選会が行われた。

▽抽選会はヨルダンのアンマン郊外で行われた。前回大会優勝の日本は、グループBに入り、オーストラリア、韓国、ベトナムと同居。なお、グループAは、ヨルダン、中国、タイ、フィリピンが入っている。

▽日本の初戦は、ベトナムとなり、韓国、オーストラリアの順に対戦。成績上位5カ国は、2019年に行われるFIFA女子ワールドカップフランス2019の出場権を獲得する。なでしこジャパンの高倉麻子監督は、今回の組み合わせ決定について日本サッカー協会(JFA)を通じてコメントしている。

「対戦相手が決まり、気持ちが引き締まる思いです。これで明確な強化プランを練られるということで、ひとつ区切りがついたなと思います。オーストラリア、韓国というFIFAランキングでも上位につける強豪国と、成長著しいベトナムと同じグループに入りましたが、今やどの国と対戦しても簡単な試合がないことはすでに多くの方がご存知のとおりです。ワールドカップ出場権獲得はもちろんのこと、アジア女王の座を守るべく、ここからの約4ヶ月という期間を最大限有効に使って、ベストな布陣とベストなコンディションで大会に臨めるよう準備していきたいと思います」