富岡八幡宮の殺傷事件、宮司の女性に抵抗してできたとみられる傷

ざっくり言うと

  • 東京都江東区の富岡八幡宮の敷地内で7日夜、男女4人が死傷した事件
  • 宮司の女性には抵抗してできたとみられる傷が複数あったと分かった
  • 倒れていたそばの縁石には、日本刀で削れたような跡が残っていたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング