ハリルホジッチ監督の言葉の真意は?『FOOT×BRAIN』で公開大討論

写真拡大

テレビ東京のサッカー番組『FOOT×BRAIN』が、11月19日に開催された「明治安田生命フットサルフェスタ」に参加したプレイヤーたちと共に、「日本サッカーが世界に勝つために何が必要か?」をテーマにした大討論会を開催。その模様が、12月10日(日)11時から放送の番組で紹介された。

11月23日発表のFIFAランキングで55位の日本代表は、11月の欧州遠征でブラジル(同2位)、ベルギー(同5位)と対戦し、それぞれ1-3と0-1で敗戦。世界との差を痛感することになった。試合を終えたハリルホジッチ監督は「チームの可能性を感じた」、「中盤でのボール奪取能力を伸ばさなくてはいけない」、「個人で違いを生み出す選手がいない」と発言。また、ロシアワールドカップの組み合わせ抽選会が行われ、日本は、ポーランド(同7位)、コロンビア(同13位)、セネガル(同23位)と同じグループHに決定。格上を相手に、同監督は「キーとなるのは初戦のコロンビア戦。本大会まで7ヶ月、目標に向かってしっかりと決意を持って準備をしていきたい」と語っている。

討論会では、番組MCの勝村政信と皆藤愛子のほか、番組アナリストの都並敏史、福田正博、北澤豪、秋田豊、三浦淳寛といった元日本代表メンバーが、ハリル監督がどのような考えを持って、代表を強化しているのかを予想しながら、それぞれ持論を展開した。

まず、三浦は「個人で違いを生み出せる選手がいない」というハリル監督の意見に賛同し、「1人かわせれば劇的に状況を変えられるが、日本の選手は“取られたら”を考えて消極的になってしまう」と指摘。「あれは(勝負に)行けないのか? それとも行かないのか?」とフォワードとして活躍した福田に意見を求めると、福田は「1対1で対峙したときに“これはイケる”と思えれば仕掛けるし、“ちょっと無理だな”と思ったら仕掛けなくなる。勇気を持ってチャレンジできないのかもしれない」と心理状態を分析した。

さらに福田が「“可能性を感じた”以外の2つは個人のことですよね?」と話を振ると、中盤のダイナモとして活躍した北澤は「中盤でのボール奪取能力を伸ばさなくてはいけない」という発言に着目。ハリル監督は個人でボールを奪える選手を既に選んでいることから、個人と組織の両方について言っていると予想。福田の「もっとコンパクトにしないと奪えないということ?」という疑問には「そういう理解の方が良いだろうね」と語った。一方で秋田は「組織の方を考えていると思う」と述べ、対戦相手や状況によって、原口元気や浅野拓磨といったサイドの選手がどう対応するかによって、ディフェンスにはまだ伸びる余地があると分析。「中へとプレスをかけていくのはヨーロッパの戦術では当たり前だから、ハリル監督はまだ物足りないと思っているのではないか」と語った。

「得点機会を増やすために攻撃陣はどうするべきか?」というテーマになると、三浦が「チャンスになりそうな空気があるのが、ペナルティボックスの角でボールを持ったとき」と分析。そこでボールを保持できたとき、サイドバックの上がりや、カットインしてのシュートやクロスなど、様々な選択肢が作り出せていると、日本代表が取り組むべき攻撃の狙いどころについて語った。

そして、秋田がセットプレーの重要性に言及。「最終予選の苦しい時にアイデアのあるプレーが見られなかったのは少し不安」と指摘すると、福田も「J2の戦力が整っていないチームの得点パターンにはセットプレーが多い。長崎や松本は、得点の60〜70%がセットプレーなんですよ。そういう準備をすれば得点出来ると証明されていると思う。ワールドカップで勝ち点を取るためには必要な準備だと思う」と話した。