フィールドプレーヤーで"違い"を生み出したのは、この伊東くらいだろう。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[E-1サッカー選手権]日本1-0北朝鮮/12月9日/味の素スタジアム
 
 国際Aマッチウィークに設定されていないため、欧州組が不在となったE-1選手権。国内組にとって絶好のアピールの場である今大会の初戦で、日本は北朝鮮に1-0で勝利した。試合内容は褒められたものではなかったが、勝点3を得たこの試合に、選手たちは少なからず自信を得ただろう。
 
 とはいえ、彼らに求められるのは、勝利だけではない。来年のロシア・ワールドカップのメンバーに生き残ることが、選手個人としての目標だ。そうした観点から見ると、北朝鮮戦でアピールできた選手は多くない。常連組の井手口陽介を除いたなかで、ハリルホジッチ監督が”もう一度見てみたい”と思ったのは、3人程度ではないか。
 
 その一人目は、中村航輔だ。リオ五輪を経験したGKは、代表デビューとは思えないほどの安定したパフォーマンスでゴールマウスを守り、絶体絶命のピンチも3度阻止。無失点に抑えられたのは、この俊英のおかげと言っても過言ではなかった。
 
 実際に指揮官も「中村を評価すべき試合だった」と絶賛しており、定位置争いに割って入りそうな勢いだ。本人の「日本を背負って立ちたい」という言葉も、あの出来を見せられては、まったくビッグマウスに聞こえない。 
 
 中村と同様に、指揮官から「ボールを持てばチャンスを作れる、違いを作れると証明した。仕掛けて抜き切る能力を評価したい」と名指しされた伊東純也も株を上げたひとりだろう。
 
 とりわけ、目を引いたのは、89分にCKを獲得したプレー。GK中村から自陣でボールを引き取ると、一気にスピードに乗って右サイドを駆け上がり、ゴールライン付近まで持ち込んだ。スタミナが切れて攻撃の出足が鈍る終盤に、あのプレーが出るとチームはグッと楽になる。途中出場のジョーカーとしては一定の成果を見せただけに、次はスタメンでテストしてみたい人材。ハリルホジッチ監督も、そう思っているに違いない。
 
 可能性を感じさせたという意味では、川又堅碁も取り上げるべきか。71分の交代出場直後に中央でボールを収めて起点になり、後半アディショナルタイムには決定的なヘッドを放った。さらに、井手口の決勝点につながるクロスも供給している。
 
 前出のふたりに比べてインパクトは薄いものの、ライバルの金崎夢生が「やはりクラブと同じくサイドに流れる傾向が強かった。もっと真ん中でやってほしかった」(ハリルホジッチ監督)と注文を付けられているだけに、ゴール前で勝負する川又にチャンスが与えられても不思議ではないだろう。

「今回はベストメンバーではないし、日本に何百人もトップレベルの選手たちがいるとみなさんが思っているなら、それは間違いです」
 
 指揮官がそう語ったように、欧州組に加えて、ACLに参加する浦和勢も欠いた今大会のメンバーが”力不足”なのは動かしがたい事実だ。しかし、前出の3人くらいしか収穫を上げられないのは寂しい限りでもある。残り2試合(12日/中国戦、16日/韓国戦)では、より多くの選手がアピールに成功することを期待したい。

取材・文●五十嵐創(サッカーダイジェストweb)