吉澤ひとみが「ボクらの時代」に登場した/※2015年撮影

写真拡大

ゲストの3人が、自由気ままにトークする「ボクらの時代」(フジ系)。12月10日の放送回には、モーニング娘。OGメンバーの中澤裕子、保田圭、吉澤ひとみが登場。「総選挙をしなくてもファンが持つグッズの数で、何となく人気指数が分かるよね!」などとトークが盛り上がった。

【写真を見る】3人でオフショット公開! 中澤裕子&吉澤ひとみが妊婦・保田圭のおなかをさする/※画像は保田圭(keiyasuda1206)公式Instagramのスクリーンショットです

当時は女性アイドルグループが少なかったことから、“アイドル戦国時代”といわれる昨今についてトークが展開。

吉澤は「初めてAKBの子たちと会ったときに、『モーニング娘。に憧れてアイドルになった』って言われてすごくうれしくて」と語るが「当時、総選挙とかあったらもっとギスギスしてるってことですよね」と、先輩2人の方を見る。

「総選挙とかあったら、もう耐えられないと思う」と保田は落胆し、中澤と吉澤も「いや〜っ、きっついわ〜」と下を向き考え込んでしまう。

中澤は「“神7”に入れるかな?」、吉澤も「10位以内には入りたいですね」と自身のないコメントが飛び交う中、保田は「自分で投票してもいいんですよね? CD買えばいいんでしょ」とニヤリ。

その後、保田は「はっきりした投票制度がなくても何となく分かるじゃん。うちわの数とかで」と話し、中澤と吉澤は「分かる〜」と当時を思い返したのか、目をつむってしまう。吉澤も「Tシャツの色とかもね」とコメントし、保田は「あれはやめてほしいわ。分かりやす過ぎる」と肩を落とす。

しかし、徐々に声のトーンが上がり「でもね私、グッズが早めに売り切れたことがあるの!」とウキウキに。その際「今日、売り切れましたね〜」とスタッフに話し掛けたところ、「あ、もともと少なめに」と言われてしまったという。

次回12月17日(日)は吉田沙保里、瀬戸大也、奥原希望が出演予定。(ザテレビジョン)