ウエスチングハウスの建設コストが膨らんだ米スキャナ電力のVCサマー発電所

写真拡大

 自然エネルギー財団は8日、メディア懇談会「世界の原子力発電の現状と展望」を開いた。スピーカーは「世界原子力産業現状報告(WNISR)2017」の主要執筆者兼発行者のマイケル・シュナイダー氏。WNISRは原発の運転、発電、建設に関するデータを含む、原子力産業に関する包括的な概要を提供している。
 
 原子力政策コンサルタントであるシュナイダー氏は、すでに原発がピークアウトしているとするデータを示した。
 
 〇原子炉数ピーク 2002年 438基
 〇運転容量ピーク 2006年 368・2GW(ギガワット)
 <2017年7月 403基 351GW>
 〇発電シェアピーク(全電源設備に占める原発の割合) 1996年 17・5%
 〇発電量ピーク(全世界で作られた電気に占める原発由来電気の割合) 2006年 2660TWh(テラワットアワー)
 <2016年 10・5% 2476Twh>
 〇新規稼働ピークは84、85年(30基以上/年)。2015、16年はともに10基。年10基は90年以来。


 シュナイダー氏は「15、16年の新規は中国。多くの国のピークはもっと前」「過去15年、新設のほどんとが中国だった。だが17年の中国の新設はゼロ。中国が例外的だった時代が終わったのか、見極めるのは時期尚早」とコメントした。

 原子力産業が置かれた厳しい状況も数字で示した。
 
 全世界で建設中の原発は53基。うち半分以上の37基に遅延が発生(17年7月1日時点)。07年から17年7月に稼働した原発は51基、建設期間の平均は10・1年。中国はもっとも多い27基を稼働させた。建設期間は平均6年、最短4・1年。

 日本の稼働は1基、建設に5・1年をかけた。米国も1基だが、43・5年を要した。東芝・ウェスチングハウスの破綻で明らかなように建設は長期化し、コストが膨らむ。また米国では60年運転の許可済・申請中の原発のほとんどが、60年間運転はせず、途中で停止・停止予定となっている。
 
 最後に「結論」を紹介した。原子力産業の衰退は地球規模で加速。17年に建設が始まった原子炉は1基(第三四半期まで)。生き残りに必要な最低限の増加率を下回っており、原発は絶滅の危機に瀕しているという。

 これは憂慮すべき状況を生み出している。既存400基の原発は老朽化し、現状の安全レベルを保つことさえ難しくなっている。
(文=松木喬)