画像提供:マイナビニュース

写真拡大

iPhone Xはホームボタンがなくなったことで様々な機能の操作方法が変更されています。これまで操作の始点・終点であることが多かったので、その影響も大きいというわけですね。今回は改めてiPhone Xで変更された操作性を動画で解説してみたいと思います。

○今使っているアプリを閉じる

今使っているアプリを閉じるには、画面下端に出ているバーを上にスワイプします。これは簡単ですね。ちなみに、同じ動作で、ホーム画面の後ろの方から1枚目に戻ることもできます。

○アプリを切り替える

ホームボタンをダブルクリックして表示させていたアプリスイッチャー(切り替え画面)。iPhone Xでは上にスワイプしたまま1秒手を止めることで表示させることができます。これは、アプリ使用中でもホーム画面からでも可能です。

iPhone Xではアプリスイッチャーを開かずにアプリを切り替えることも可能です。画面下端のバーを横にスワイプすると……。さっきのアプリに戻りたい、という時に便利ですので、試してみてください。

○アプリを強制終了する

iPhone Xでは、アプリスイッチャーの状態で画面を上にフリックしても、強制終了にはなりません。強制終了させる場合は、アプリスイッチャーのアプリ画面の上で1秒手を止め、赤い「ー」が表示されたら上にスワイプします。