アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

写真拡大

ロシア15歳が初出場GPファイナル圧勝、海外メディアも手放しで称賛

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズは9日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の15歳、アリーナ・ザギトワ(ロシア)が自己記録を更新する合計223.30点で逆転V。初出場ながら圧勝を果たした15歳に対し、海外メディアは「圧倒的勝利と言うにふさわしい優勝」「最初のシニアシーズンで無敗を維持」などと絶賛している。

 圧巻だった。ザギトワは深紅のチュチュの衣装をまとって3回転ルッツ―3回転ループを決めるなど、後半に固めた7つのジャンプを着氷。高難度の構成を見事にこなし、15歳とは思えない強さを発揮した。スコアは147.03点。SPは6人全員が70点超えをマークするハイレベルな混戦だったが、終わってみればザギトワの圧勝だった。

 海外メディアも手放しで称賛している。米NBCスポーツは「負傷の世界女王エフゲニア・メドベージェワの15歳の相棒、アリーナ・ザギトワが五輪に向けた最大の前哨戦を制した。6人の超一流が集った大会で自己新記録を叩き出し、最初のシニアシーズンで無敗を維持している」と紹介。シニアデビュー戦からGPシリーズ2戦を含め、4戦全勝という圧倒的な強さを称えた。

 さらに「マリア・ソツコワも2位と躍進し、ロシアの三銃士が五輪を見据える」と王国の層の厚さに言及。英スポーツ専門メディア「insidethegame」は「圧倒的勝利と言うにふさわしい優勝の仕方だった」と圧倒ぶりを伝えている。

末恐ろしさ感じさせる15歳、メドベージェワとともに平昌金メダル候補に

 トップ選手6人が集うハイレベルな大会を制した天才少女。米スケート専門メディア「icenetwork」によれば、演技をこのように振り返ったという。

「自分のナーバスさをうまく処理できたことがうれしかった。正直、今日はスケートを演じるのが厳しい日だった。その中でうまくやることを望んだし、足元も少しふらついたけど、終盤に向けて自分で自分を引っ張ることができたため、すべてが良い方向に傾いた」

 ジュニア時代は1歳上の本田真凜(関大高)らとしのぎを削り、ジュニア世界女王のタイトルも獲得。満を持して迎えたシニアデビューシーズンで負け知らずで躍進を続けている。

 一躍、平昌五輪でメドベージェワとともに金メダル候補に名前も挙がっているザギトワ。その強さは末恐ろしささえ、感じさせる。