「いやいや私は信用していないですよ。22と46(大吉)…いいわけがないんですよ!」とバッサリ!?の博多大吉

写真拡大

12月9日(土)放送の「二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜」(テレビ東京系)で、TOKIOの松岡昌宏、博多大吉、女優の相楽樹が、品川区・大井町にある立ち飲み屋「肉のまえかわ」へ。20代女子の恋愛事情を信じられない大吉が、「ザテレビジョン」に訴えかけるシーンがあった。

【写真を見る】「上の人全然アリって子は多いですよ」と20代の恋愛事情を語る相良樹

まずは、「牛タタキ」「ささみ」をアテに、酎ハイで乾杯。お客のおじさんたちが、「ステキ!」「いつも見てます」などと次々松岡に声をかける中、相楽は「私、こういうお店大好きです。仲のいいおじちゃんがやっている飲み屋さんとかはよく行きます。こういう感じで、焼き鳥とか食べに行きます。相談事とかよくします」と告白。

22歳の相楽の落ち着きと、姉御ぶりに感心した松岡が、「なんだろうね、その落ち着きは…。15歳くらい年下の役者を食わせてそう。で売れたら、川に戻すの(笑)」と勝手に分析すると、相楽は「面倒は見たくなります。世話を焼きたいので…。年上でも全然関係ないです。40歳代くらい…お父さんと一緒でも大丈夫です!」とテンションが上がるコメントを。

だが大吉は、「いやいや私は信用していないですよ。22と46(大吉)…いいわけがないんですよ!」とバッサリ。それでも相楽は「だって私たちの世代で、上の人全然アリって子は多いですよ」と20代の恋愛事情を語るが、大吉は首を振りながら、相楽の甘い言葉に耳を貸さず、「(浮かれていると)このくだりを、すぐ『ザテレビジョン』さんがあげるんですよ。大吉と松岡が、いつもそんなことばかり言ってるって、ネットニュースに書かれるんで…うん!」と、なぜかその矛先は、我らがテレビジョンへ(笑)。

松岡が「えっ、そうなの? マジで? ほら俺は夢(年上が好きな20代女子の存在を)を見て信じるタイプだから…」と語り、ゲスト美女の恋愛観を素直に信じることが出来なくなった大吉をなだめていた。

大吉さん、すみません! きょうもニュースにしてしまいました…(汗)

次回の「二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜」は12月16日(土)夜0:50より放送予定。松岡と大吉が、品川でぶらり飲みする。(ザテレビジョン)