9日、中国の王毅外相は、北京で開かれた外交関連のシンポジウムで、北朝鮮情勢について「交渉の見通しも依然存在する。武力行使の選択は断固受け入れられない」と述べた。

写真拡大

2017年12月9日、中国の王毅(ワン・イー)外相は、北京で開かれた外交関連のシンポジウムで、北朝鮮情勢について「交渉の見通しも依然存在する。武力行使の選択は断固受け入れられない」と述べた。

【その他の写真】

中国メディアの澎湃新聞によると、王外相は「2017年国際情勢及び中国外交フォーラム」の開会式で、現在の朝鮮半島情勢について「対抗する悪循環が続き、前途は楽観はできないが、平和への希望は消えていない」とした上で、「交渉の見通しも依然存在する。武力行使の選択は断固受け入れられない」と指摘した。

その上で当事国に対し「中国が提唱する『二つの停止』(北朝鮮が核・ミサイル開発を停止すると同時に、米韓も軍事演習を停止して対話に戻る)を真剣に検討し、対話に必要な雰囲気をつくるべきだ」と呼び掛けた。(翻訳・編集/柳川)