葵わかな&松坂桃李、夫婦ゲンカ勃発で…朝ドラ『わろてんか』第11週

写真拡大

葵わかながヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『わろてんか』(NHK総合、毎週月〜土曜日8:00)。12月11日からの第11週は、「われても末に」をおくる。

てん(葵)が藤吉(松坂桃李)の許可なく、団真(北村有起哉)を高座に上げたことで夫婦ゲンカが勃発、ついには口も聞かない最悪の状態となる。また、藤吉は思いやりのつもりで、「仕事を休んで子育てに専念すればいい」とてんに告げるが、てんはショックを受け、さらに夫婦はすれ違ってしまう。

てんがいなくなった風鳥亭では、藤吉が経理から雑用まで引き受けるが、慣れない仕事にてんてこ舞いに。そんな中、団真とお夕(中村ゆり)の夫婦仲もおかしくなり、お夕は姿を消してしまう。

てんは、藤吉がなぜ大金を払ってでも団吾(波岡一喜)を風鳥亭に迎えたいのかを知りたいと思い、風太(濱田岳)に頼んで団吾の家を訪ねることに。だがそこで、団吾の世話になっているお夕を見つけて驚く。

てんはお夕と団真のよりを戻させるため、もう一度団真を高座にあげて欲しいと藤吉に頼み込む。だが、高座に上がった団真の前に団吾が現れ、それに気付いた客たちは大盛り上がりし、団真が落語をするどころではなくなってしまい……。