現地時間12月2日に中国人が東京の電車内で殴打されるという事件が発生したのち、大使館はただちに被害者とその家族に連絡をとり、見舞ったほか、医療や法律面でのサポートを提供していることを明らかにした。

写真拡大

中国在日本大使館ウェブサイトはこのほど、同大使館は中国公民の合法的な権益保護を高く重視しているとのコメントを発表した。現地時間12月2日に中国人が東京の電車内で殴打されるという事件が発生したのち、大使館はただちに被害者とその家族に連絡をとり、見舞ったほか、医療や法律面でのサポートを提供していることを明らかにした。人民網が伝えた。

同時に、同大使館は日本の外務省と警察に対し、日本側は法に則り、犯人逮捕とその厳罰を行い、中国公民の合法的な権益を保障するよう強く求めた。また、日本側はこの大使館からの求めに応じ、関連する法律プロセスに厳格に則り、処理することを約束した。現在、被害者はすでに必要な治療を受けており、事件は捜査中となっている。大使館は今後も同事件の展開に注目していくとした。(提供/人民網日本語版・編集TG)