欅坂46はなぜ“検索”される? アイドルファン以外にもリーチした2017年の活動から考える

写真拡大

 欅坂46が、「Yahoo!検索大賞2017」のアイドル部門賞に2年連続で選出された。

(関連:欅坂46 平手友梨奈、平井堅「ノンフィクション」のコラボ相手になぜ選ばれた?

 「Yahoo!検索大賞」は、検索サービス「Yahoo!検索」のデータをもとに、前年と比べて検索数が最も急上昇した人物、作品、製品を選出して表彰するイベント。欅坂46は、2016年よりもさらに検索数を伸ばしたことになる。メンバーを代表してキャプテンの菅井友香は、ドラマ『残酷な観客達』主題歌の「エキセントリック」、けやき坂46に新メンバーが加入したことが要因にあると述べた。もちろん、新曲やメンバーの加入も検索数上昇の理由にはあるが、一番は欅坂46が常にマスに向けてトピックを用意し続けたことにある。

 「笑わないアイドル」ーー今年、このキャッチコピーを何度目にしただろうか。2016年の大晦日、「サイレントマジョリティー」で『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)に初登場し、そのパフォーマンスは世代を問わず、多くの視聴者を虜に。その後、止まることを知らないグループ人気を朝のワイドショーや音楽番組、普段アイドルを取り上げないような週刊誌も欅坂46を掲載した。この「笑わないアイドル」は、ファンであればすぐにその矛盾に気づくだろう。例えば、グループ創設と同時にスタートした冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)は、むしろメンバーが笑っている時間の方が多いバラエティ番組である。表題曲の「二人セゾン」にも、グループ初期からのライブ定番曲「手を繋いで帰ろうか」にも常に“笑顔”はあった。しかし、普段音楽を聴かない、アイドルに興味がない層の関心を引くには、強烈な謳い文句が必要だ。「風に吹かれても」のテレビ出演の際に多く見られた「笑わないアイドルが笑った」というキャッチコピーも、マスメディアが作り上げた「笑わないアイドル」というイメージが多くの人に先入観として息づいていることを感じさせる。

 欅坂46が潜在的なアイドルファン以外の層を取り込むことに成功した、と感じた瞬間があった。それは、今夏開催された初の全国アリーナツアー『真っ白なものは汚したくなる』でのこと。筆者は、宮城公演に足を運んだのだが、会場に入って驚いたのがその異様な客層だった。ペンライトを初めて持つ、開演前のファンのコールに驚くなど、見るからに「アイドルのコンサートに初めて来た」という層がかなりの割合を占めていた。さらに、宮城では『欅って、書けない?』は放送されていない。そのことから考えても、やはり先述したようなマスメディアの影響は大きく、これが宮城だけでなく、全国で一つの現象として起きていたと考えると、欅坂46ファンの裾野の広さを窺い知ることができる。

 先日放送された『2017 FNS歌謡祭 第1夜』では、平井堅が歌う「ノンフィクション」のバックで平手友梨奈がコンテンポラリーダンスを鬼気迫るパフォーマンスで披露した。放送後、Twitterのトレンドに入ったワードは「平手さん」。ファンは、平手を「てち」や「平手ちゃん」と呼ぶことから分かる通り、平手のパフォーマンスはグループのファン以外への反響が大きかったことになる。

 常に多くの人々が関心を寄せる斬新なトピックを用意してきた欅坂46。年末には『MUSIC STATION SUPER LIVE 2017』(テレビ朝日系)や『日本レコード大賞』(TBS系)、『NHK紅白歌合戦』と多くの音楽特番への出演も予定されている。菅井は3年連続での「Yahoo!検索大賞」を狙いたいと語っていたが、グループの勢いを考えれば、それも夢ではないような気がする。(渡辺彰浩)