日本を瀬戸際まで追い詰めた北朝鮮は賞賛に値する戦いぶりを見せた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 [E-1選手権]日本 1-0 北朝鮮/12月9日/味の素スタジアム

 北朝鮮は日本を瀬戸際まで追い詰めた。統率の取れた守備でボールを奪うと、素早く攻撃に転じて日本ゴールを何度も強襲。しかし、あと一歩のところで得点を奪えない。結局、最後の最後に屈する形となり、初戦を黒星で終えた。
 
 勇敢な戦い抜いぶりを見せた北朝鮮の選手たち。元ノルウェー代表歴を持ち、ブンデスリーガでも得点王に輝いた実績を持つアンデルセン監督は、試合後に「不運」という言葉を何度も使い、敗戦を嘆いた。なぜ指揮官はそのような発言をしたのだろうか。北朝鮮が日本以上に好機を作ったのにも関わらず得点を奪えなかったからだろう。
 
「選手たちを誇りに思う。切り替えも良かったし、パスワークもよかった。ただ、1点だけが取れなかった」とアンデルセン監督が振り返ったように、ゲーム内容は北朝鮮が上回っていた。事実、シュート数は日本の7本を上回る12本を放ち、決定機の数も「日本の決定機は2回くらいしかなかった。見ていてわかる通り、自分たちは5、6回のゴールを奪えるチャンスがあった」(アンデルセン監督)。日本のゴールマウスに中村航輔がいなければ、得点を奪えていた可能性は多分にあったはずだ。
 
【日本代表PHOTO】E-1選手権初戦に挑んだ日本代表。最終盤に井手口がネットを揺らし、難敵・北朝鮮を撃破!

「負けは負けだし、選手たちはロッカールームで落ち込んでいた。でも私は選手たちを誇りに思っている」と話した指揮官は、最後に「今日は勝てるチャンスがたくさんあったから悔しいし、不運だった」という言葉で会見を締めくくった。最後の失点が自分たちの選手に当たってゴールに吸い込まれたというアンラッキーの部分も含め、この日の北朝鮮には運が足りなかったのかもしれない。ただ、それもサッカーだ。今日の戦いぶりを踏まえ、北朝鮮は残りの2試合でどのような戦いを見せるのだろうか。