イモトアヤコ、“第2のドバイ”で焚き火ジャンプに挑戦

写真拡大

内村光良がMCを務める日本テレビの人気バラエティ『世界の果てまでイッテQ!』(毎週日曜19:58〜)。12月10日は、「珍獣ハンターイモトワールドツアー inアゼルバイジャン」「世界の果てまでイッタっきり inアメリカ」のコーナーが放送される。

イモトアヤコが世界各地を旅して回る「ワールドツアー」。今回は、イモトが“第2のドバイ”と呼ばれるアゼルバイジャンに初上陸。石油マネーで富を生み出す未知の国で体験するのは、石油を使った黄金風呂。また、火を崇拝する「ゾロアスター教」の発祥の地で、年越しの儀式である焚き火ジャンプに挑む。イモトは果敢にチャレンジするが、焚き火のデカさを前に恐れおののく(!?)一幕も。さらに、アゼルバイジャンが誇る“ある競技”にも挑むなど、今年最後のワールドツアーで身体を張りまくる。

一方、狙ったものが撮影できるまで何日経っても帰れない「世界の果てまでイッタっきり」。今回は、ANZEN漫才のみやぞんが、アメリカで「ヘッドスピン」を行う。本場のアメリカ・ロサンゼルスで、早速練習を開始するみやぞんだが、過去最高難度のチャレンジに心が折れてしまう。また、同時並行で行われる旅のお供は、トランプで様々なものを切る「トランプ手裏剣」。これまで、数々の難題をクリアしてきたみやぞんだが、今回も無事に達成することができるのか。