昌子源【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-0 朝鮮民主主義人民共和国 E-1選手権】

 EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会が9日に行われ、日本代表は朝鮮民主主義人民共和国代表に1-0で勝利した。

 この試合でキャプテンを務めた昌子源は、腕章について「嬉しさっていうより、もうやるしかないっていう思いにさせられた」と振り返った。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は相手の裏を狙うことを選手たちに伝えたが、昌子は「相手が低かった。ブロック、組織を作って速かったと思う」とし、「裏に中途半端に蹴るより、ロングシュートをもっと増やせば相手が焦って前にでてくるんじゃないか」と思いながらプレーしていたという。

「あそこまで引いた相手にパス&クイックでやっていても点が入んない。ちょっとロングシュートで相手焦ったところで入るとか、そういうのをチームとしてやっていきたいなと。僕らもシュート打っちゃいけないってルールはないし。チームとしていろんな課題も見えたし、いい場面もあった。まあでも勝たないと楽しく反省もできないし、そういう面でサッカーってやっぱ勝ってナンボだなって改めて感じましたよね」

 相手に押し込まれ、昌子も難しい対応を迫られたがしっかり勝利で終えて見せた。大事な結果を手に入れたからこそ、課題を修正して次戦に臨みたいところだ。

(取材: 元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部