iPhone X用の部品を製造する複数の主要サプライヤーが、11月期の収入減少を見込んでおり、2018年第1四半期のiPhone X出荷台数は減少に転じる可能性がある、とサプライチェーンの動向に詳しい台湾メディアのDigiTimesが報じています。

2018年第1四半期、iPhone Xは減産へ?

発表前から品薄が予測されていたiPhone X用の部品サプライヤーは、需要に応えるために9月と10月に大規模な増産体制を敷いていました。
 
しかし、11月の部品出荷数は減少しており、12月も同様に減少傾向が続くと見込まれる、とサプライチェーン関係者の情報としてDigiTimesが伝えています。
 
主要部品の発注が予測を下回っていることから、 Appleは2018年の第1四半期にiPhone Xの出荷台数を減らすのではないか、とも予測されています。

主要部品のサプライヤーが収入減少を予測

具体的には、iPhone X用のカメラレンズを製造しているLargan Precisionの11月の収入は、前月比でほぼ横ばいですが、筐体を製造するCatcher Technologyとタッチスクリーンを製造するGeneral Interface Solutionは収益減少、タッチモジュール製造のTPKは12月の収益減少との見通しを立てています。
 
2018年第1四半期には、中国の旧正月により工場の稼働が減る影響もあり、iPhone Xの出荷台数は直前の四半期と比べて30%程度減少するものの、前年同期のiPhoneの出荷台数は上回る、とDigiTimesの情報源となっているサプライチェーン関係者は予測しています。

現在はSIMフリーモデルの店頭在庫も確認できるiPhone X

発表前から2017年内の入手は困難ではないか、とも噂されていたiPhone Xは、予約開始直後には出荷見込みが「5〜6週間」となっていました。
 
しかし、主要部品の増産が功を奏して、出荷数が安定してきたこともあり、現在はSIMフリーモデルの店頭在庫があるApple Storeも確認されています。
 

Apple Storeで店頭受取りが可能になったiPhone X
(2017年12月9日)

 
 
Source:DigiTimes
(hato)

 
 

あわせて読みたいiPhone X関連記事

【レビュー】iPhone X シルバー開封の儀&旧機種と外観比較【iPhone X】初期設定がより便利に!旧iPhoneからの移行レポートiPhone Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone Xを予約!オンラインで確実に購入する方法まとめ