中村の好守に幾度となく救われた日本。勝つには勝ったが、内容が乏しかったのは否めない。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大 (全3枚)

[E-1選手権]日本 1-0 北朝鮮/12月9日/味の素スタジアム 

 北朝鮮とのE-1選手権初戦は劇的な展開で日本が勝利したね。GK中村航輔の再三のビッグセーブでピンチを耐え凌いで、最後の最後で井手口陽介が劇的な決勝ミドルを突き刺した。大会の初戦をドラマチックな勝利で飾ることができた。マスコミ的には、またとないオイシイ展開になったようだね。

 
 もちろん、ちょっとサッカーを知っている人なら、誰もが見るべきものがない貧しい試合内容だったことは分かるだろう。むしろ、北朝鮮の方がアグレッシブなプレーをしていたくらいで、よく日本は勝ったと思うよ。それくらい酷い試合だった。
 
 シュートの数も決定的なチャンスも北朝鮮に上回られて、一方で日本はゴール前に押し込むものの、決定的と言えるチャンスはさほどなかった。ラスト数秒のところで井手口が決めなかったら、何も残らない試合になるところだった。
 
 ただ、そのなかで日本にとって唯一と言っていいくらいの光明をもたらした存在だったのが、GKの中村航輔だったね。本当に中村さまさまの試合だったよ。彼のビッグセーブがなかったら、1-3で逆に負けていてもおかしくはなかった。試合は無失点で切り抜けられたものの、攻撃陣だけでなく守備陣の連係もかなりぎこちなかったから、それだけに中村のパフォーマンスは特筆に値するものだ。

【日本代表PHOTO】E-1選手権の初戦に勝利! 中村がビッグセーブ連発!! 井手口が劇的弾!
 じゃあ、なぜチーム全体がこんなにぎこちないサッカーをしてしまったのか。なんだかハリルジャパンのサッカーって余程Jリーグと相性が悪いみたいだけど、理由はハリルが選んだ先発メンバーにあると思うよ。今回選ばれた国内組メンバーの多くは、代表ではこれまで実戦でともにプレーをしたことはほとんどない。それを少ない日数で合わせなければいけないのは当初から分かっていたことなんだ。
 
 にもかかわらず、センターバックには鹿島の昌子と川崎の谷口を起用。中盤はG大阪の今野と井手口のボランチコンビに加えてトップ下にFC東京の郄萩を入れて、得点王の小林も川崎での定位置とは違う右ウイングで起用した。案の定、連係はスムーズにいかないし、本来の実力を発揮しきれていない選手も多かった。郄萩も小林もJリーグではもっと生き生きとプレーしているよね。
 
 もちろん、指揮官がいろんな組み合わせを試したいのも分かるし、すべてのエリアを同チームのセットで組むのも難しい。ただ、それにしても「勝利を目指す」と宣言して臨んだ大会の重要な初戦で、ここまでバラバラな組み合わせで、連係面もチグハグ。
 
 ハリルホジッチ監督は、ハンドブレーキを引いたまま、無理やり車を走らせていたようなもので、チームの挙動がおかしかったのはハンドルを握る指揮官に、大きな責任があったと思うよ。
 
 内容は貧しかったとはいえ、劇的な展開での勝利だったのだから、お客さんも喜んだだろうね。でも、そういえば代表戦なのに、スタジアムはちょっと静かだったような……。
 
 そう思って観客数を見たら2万人ちょっとしかいなかった。まあ、そうなるのも無理はない。大会前から、ワールドカップ出場を目指す国内組にとっての「生き残りを懸けた最後のチャンス」という看板があって、なんだか勝ち負けよりも選手個々のパフォーマンスとかコンディションに目がいき、練習試合みたいな雰囲気になっているんだから。
 
 そんなものは負けた時の言い訳や「〇〇の良いプレーが収穫だった」という言葉にすり替わるだけ。大会が注目されないのもこういうところに原因があるんだ。
 
 逆に、この日一番目立っていたのは北朝鮮の応援席だったよね。テレビでもちょっと映されていたけど、組織的な応援で素晴らしい盛り上がりを見せていた。
 
 それはさておき、北朝鮮戦が、サッカーが国技の国だったら、ブーイングで終わるような試合だったのは確か。選手のサバイバルばかりが取り沙汰されているけど、ハリルホジッチ監督もまたサバイバルに身を置くひとりだということを自覚すべきだ。
 
 こういうぬるい雰囲気の試合で、中身のない試合をやっていて、「本当にワールドカップで勝てるの?」って誰もが思ったんじゃないかな。
 
 大会はあと2試合残されている。次の中国戦を誰が見ても納得できるような内容できっちりと勝って、最後に宿敵の韓国と言い訳無用で白黒はっきりつける。僕は常に「ノルマは優勝」と言ってきたけど、本気で勝負にいかなければ誰が必要かなんて見えてこない。そういう厳しさを求めたなかで、本当に必要な人材も見えてくるんじゃないかな。