中村航輔【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-0 朝鮮民主主義人民共和国 E-1選手権】

 EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会が9日に行われ、日本代表は朝鮮民主主義人民共和国代表に1-0で勝利した。

 何度もビッグセーブを見せ、そのたびにハリルジャパンを救ったのが中村航輔だった。「いつも通りできたと思います」と話すGKは、「いい準備ができて、ボールもしっかり見えていたので、いい対応できた」と述べる。

 また相手の情報も頭に入っていた。「特にスカウティングとかで非常にパワーのある相手だということだったので、それは気をつけながらやっていた」と話した。

 これが代表デビュー戦となった中村。チームは劣勢となり多くのシュートを浴びたが、そこには柏レイソル所属の守護神が立ちはだかった。「これから先、苦しいこともたくさんあると思いますけど、乗り越えていきたい」と語っている。

「やはり全てにおいてレベルアップすることが当然だと思っているので、一つずつやっていきたい」

 Jリーグベストイレブンも選出された若き守護神は、さらなる飛躍を誓った。

(取材: 元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部