伊東純也【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-0 朝鮮民主主義人民共和国 E-1選手権】

 EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会が9日に行われ、日本代表は朝鮮民主主義人民共和国代表に1-0で勝利した。

「自分が持ったら仕掛けようと思っていたので、とりあえず縦に、縦に行こうというのは意識していました」

 後半途中からピッチに立った伊東純也は決意を胸にプレーした。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督からの指示については「裏に抜けたり、サイドで持ったら自由にやっていいと言われていた」と明かす。快速アタッカーは「持ったら仕掛けようという意識」で戦った。

 もちろん、ベンチでイメージは膨らませていた。「自分だったらサイドで仕掛けようと思っていたので、入ったらどんどん積極的にやろうと」と言うように、ピッチに立った伊東は存在感を発揮した。だが、「推進力は出せたと思う」としつつ「最後の精度もそうだし、チャンスももっと作れたと思います。そこはもっとやっていかないといけない」と反省も口にした。

 次戦に向けては「チームの勝利に貢献できるようにがんばっていきたい」と伊東。代表デビュー戦でまずまずのプレーを見せた。今度は目に見える結果が欲しいところだ。

(取材: 元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部