森保一監督【写真:Getty Images】

写真拡大

【U-20日本代表 1-2 U-23タイ代表 M-150カップ グループステージ第1節】

 現地時間9日にM-150カップ グループステージ第1節の試合が行われ、U-20日本代表は開催国のU-23タイ代表と対戦。

 森保一監督の初陣となる今回の試合には、松本泰志(サンフレッチェ広島所属)や菅大輝(北海道コンサドーレ札幌所属)、大南拓磨(ジュビロ磐田所属)などが先発出場を果たした。

 試合開始して49分、サリンカン・プロンスパにゴールを決められタイに先制されてしまう。それでも52分、神谷優太(湘南ベルマーレ所属)が同点ゴールを決める。しかし64分、タイのチャイヤワット・ブーランに勝ち越しゴールを奪われてしまった。結局、試合は1-2の結果に終わり、日本は黒星スタートとなっている。

【得点者】
49分 0-1 プロンスパ(タイ)
52分 1-1 神谷(日本)
64分 1-2 ブーラン(タイ)

text by 編集部