井手口陽介【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-0 朝鮮民主主義人民共和国 E-1選手権】

 EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会が9日に行われ、日本代表は朝鮮民主主義人民共和国代表に1-0で勝利した。

 後半終了間際にミドルシュートを決め、チームに勝利をもたらした井手口陽介。殊勲のMFは「もう最後やったし、本当にいいボールをコンさんが落としてくれたんで、枠に、フカさないようにだけ意識して蹴った」と振り返った。

 90分通したパフォーマンスについては「引いている相手に対して、やっぱり出し入れだけじゃなくて、裏やったりサイドやったりもっともっと捌けたら良かった」と反省点を口にしている。そこは練習から取り組んできているポイントでもあると井手口は言う。

「この合宿はやっぱり前、前、ワンタッチ、前、3人目で裏っていうのを集まった時から言われている。取った後、後ろに下げるだけじゃなくて、裏やったり、前の選手につけて自分も上がっていくような、守備からの攻撃参加っていうのは、この大会通してしっかりやっていけたらいいかなと思います。

 苦戦を強いられたが、日本が勝利したことに変わりはない。「チームとして優勝できたら一番、全員がいいアピールになると思う。そこはしっかり優勝して終われるようにしていきたい」と井手口。この試合で出た課題を早急に修正し、次戦も勝利を飾りたいところだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部