ボランチコンビで得点演出…アシスト記録の今野「Jリーグ勢の意地は見せられた」

写真拡大

 EAFF E-1 サッカー選手権2017 決勝大会の初戦が9日行われ、日本代表と朝鮮民主主義人民共和国代表が対戦した。

 引いて守る北朝鮮に苦戦を強いられた日本だったが、後半アディショナルタイムに待望の得点が生まれる。途中出場の川又堅碁がクロスを送ると、今野泰幸が頭で落とし、最後は井手口陽介が強烈なミドルシュートを突き刺した。アシストを記録した今野は「陽介のシュート力は分かっていましたし、落とせば決めてくれると思っていた」と劇的弾のシーンを振り返った。

 ボールポゼッションでは優位に立ったものの、“急造チーム”ということもあり、なかなか「効果的」なシーンを作れずにいた。今野も「最後のシュートや勝負のパスが少なかった」と試合後に反省を述べている。

「正直勝たないといけない相手だと思っていた。負けてもおかしくない試合だったけど、勝ったのでJリーグでやっている選手たちの意地を見せることはできたと思う」と苦しみながらの勝利も胸を張った。