中盤で奮戦を見せた井手口。中国戦ではゲーム内容の向上を誓った。写真●山崎賢介(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[E-1選手権]日本 1-0 北朝鮮/12月9日/味の素スタジアム

 井手口陽介(G大阪)の右足が土壇場で炸裂した。

 スコアレスで迎えた後半アディショナルタイム。川又堅碁(磐田)が左サイドからクロスを入れると、今野泰幸(G大阪)が頭で落とす。これにタイミングよく走りこんだ井手口が豪快に右足で蹴りこんで、チームに勝利をもたらした。

 テレビのフラッシュインタビューで井手口は「最後の最後にいいシュートがいった」とコメント。そして、あの場所に走りこんでいた理由に関しては、「今野選手が見てくれているかなと思ったら、見てくれていた。なので、あとは抑えてシュートを打つだけだったので集中してシュートが打てた」と話した。

 ただ、それ以外のところでは課題を感じているようで、「監督からも言われたが、ボールを取ったあとに付けるパスが良くなかった。サイドの裏に出すなど、色んな工夫をしてやれたら良かった」と反省の弁を述べた井手口。12日の中国戦では、この試合で出た課題を改善することが求められる。

【日本代表PHOTO】E-1選手権初戦に挑んだ日本代表。最終盤に井手口がネットを揺らし、難敵・北朝鮮を撃破!