最後の最後でアシストを決めた今野。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 [E-1選手権]日本1-0北朝鮮/12月9日/味の素スタジアム
 
 井手口陽介の劇的な決勝弾で勝ったとはいえ、冷静に試合を振り返れば負けていてもおかしくない試合だった。それは今野泰幸も感じていたようで、試合後にはこうコメントしていた。
 
「結構危ない場面もありましたしね。急造チームで修正しなくちゃいけない部分はありますけど、勝てて良かったです」
 
 その勝利につながる1点をアシストしたのが、だれあろう今野だった。後半のアディショナルタイム、川又堅碁のクロスを井手口めがけてヘッドで落として決勝ゴールを演出したのだ。
 
「(井手口)陽介のことは見えていたというより、陽介しか見えていなかった。丁寧に落とせば決めてくれると思っていました」
 
 前半から比較的落ち着いてプレーしていた今野は、自身のパフォーマンスを次のように分析している。
 
「ポジショニングが前半は特に低かった。でも、低いけどボールは触れるし、フリーだし、奪われる気はしないし、やっていて楽しいは楽しいんだけど、それが効果的なのかなという想いはあった。で、後半は前に行ったら行ったでボールに触れないし、カウンターを食らうし、いろいろ考えながら90分間プレーしました」
 
 この日の日本は確かにパスを回せてもなかなか相手ゴール前まで到達できなかった。今野が「決定機を作れなかった」と言う通り、攻撃は明らかに迫力を欠いていた。とはいえ、負けるわけにはいかなかった。
 
「ピンチは作られたけど、正直、勝たなきゃいけない相手だと思った。これを言っていいか分からないけど。やっていて、Jリーグでやっている意地というか、勝たなくちゃいけない相手だということは感じていた。負けていていもおかしくないゲームだったけど、とにかく勝ったので意地は示せたと思います」
 
 内容よりも結果──。ワールドカップを経験している今野の言葉からは、確かなプライドを感じ取れた。
 
取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】E-1選手権初戦に挑んだ日本代表。最終盤に井手口がネットを揺らし、難敵・北朝鮮を撃破!