ヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-0 朝鮮民主主義人民共和国 E-1選手権】

 EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会が9日に行われ、日本代表は朝鮮民主主義人民共和国代表に1-0で勝利した。

 初戦で苦しい展開を強いられた日本代表。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「あまりにも未熟な形で戦うことになったが、最終的に勝利になって良かった」と振り返った。

 消化不良の感が強いゲームとなったが、ポジティブなポイントもあった。指揮官は「特にGKがいろいろな場面で解決策を見せてくれました。それはいい発見でした」と、中村航輔について言及した。

 さらにハリルホジッチ監督は「伊東(純也)もボールを持ったら仕掛けて相手を抜いていくことができた」と指摘。「そのような選手がチームにプラスをもたらすことができると思います。1対1で相手を抜ける選手は多くないので良かった。彼の仕掛ける能力、抜き去る能力、サイドで違いを生む姿を評価したい」とも述べており、伊東は今回のメンバーの中で貴重なピースとなるかもしれない。

 共に今回がA代表デビュー戦だが、前者は安定感とビッグセーブで、後者は爆破的なスピードを活かしてアピールした。

 低調なパフォーマンスに終始したハリルジャパンだが、柏レイソルから選出された中村と伊東の奮闘は数少ない収穫となった。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

text by 編集部