小林悠(撮影:岸本勉/PICSPORT)

写真拡大

後半アディショナルタイム、川又堅碁のクロスを今野泰幸がヘディングで落とし、井手口陽介のシュートが朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)のネットを揺らした。苦しみ抜いた末の決勝点で、日本は押されながらも勝利をものにした。

最後の今野、井手口というフィニッシュまでのつなぎはG大阪コンビ。だが、川又に繋ぐまでのコンビネーションがあったからこそ、川又はプレッシャーが少ない状態でクロスを上げられたし、今野には上がる時間があった。そのコンビネーションには、川崎がいつも作っている形、小林悠、阿部浩之、車屋紳太郎が絡んでいた。

試合開始早々、日本のポゼッションを警戒する北朝鮮は、ブロックを作ってなかなか飛び出していかない。日本は早めに縦パスを入れようとしても北朝鮮の網の目に引っかかり続けた。パスカットされては逆に速攻を受ける。日本がアジアの国々を相手にした際、常に苦しんでいた構図が出来上がった。

なかなか決定機を作れない中、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は最後の交代に阿部を選んだ。これで左サイドの前後に阿部と車屋が並び、中央で小林が絡む形が出来上がった。監督としては川崎の作る攻撃の形に賭けたのだろう。

狙いは的中した。小林は言う。

「川崎でいつも一緒にやっているメンバーだったので、やりやすかったですね。代表だとそれは難しいので、それを試合中に他の選手と合わせていかなければいけないと思いますが、あれだけ引いた相手に背後は難しいと思うので、最後のサイドでの崩し、ショートパスでの崩しがあればもっと崩せるのかと思います」

車屋も戦いを修正したと語った。

「ああやって遅攻になると自分の良さが出ると思いました。今日は縦に急ぎすぎてボールを失う場面が多かったと思いますから、自分たちのやり方を持ってもいいかと思います」

シュートだけ見れば井手口が監督を救ったと言えるだろう。しかしその前の展開を見れば川崎が監督を救い、監督は賭けに勝ったと言えるはずだ。

【日本蹴球合同会社/森雅史】