北朝鮮代表のヨルン・アンデルセン監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 E-1サッカー選手権の試合が9日に行われ、日本代表と朝鮮民主主義人民共和国代表が対戦。後半アディショナルタイムに決勝ゴールを奪った日本が1-0の勝利を収めて勝ち点3を獲得した。

 北朝鮮に対して苦しい戦いを強いられた日本はたびたびゴールを脅かされ、GK中村航輔の好セーブに救われた場面も多かった。引き分けで終えられれば幸運とも言える内容だったが、終了間際にMF井手口陽介がミドルシュートを突き刺し、土壇場で勝利を手に入れた試合となった。

 北朝鮮のヨルン・アンデルセン監督は試合後の会見で、「今日は運が悪かった」と落胆。「プレスをかけて、スペースを消してボールを奪い、奪ったら早く前線に当てていこうという戦術だった。残念ながら1点目を決められず、最後の最後で決められてしまった」と試合を振り返った。

「日本にチャンスを与えず、多くても2回、もしかしたら1回のチャンスしかなかったかもしれない。我々は日本よりはるかに多くのチャンスを作った。おそらく5、6回の得点できるチャンスがあった。こうした試合で負けるのは本当に辛い」と述べ、内容では日本を上回っていたことを強調した。

 日本の戦いをしっかりと分析していたことが、その戦いぶりに繋がったようだ。「我々は日本をよく研究していた。選手たちには試合前に日本の課題を伝え、戦術を組み、日本に勝つために準備していた」と話すアンデルセン監督だが、日本の抱える具体的な“課題”については「今は明かせない」とコメントを避けた。

「負けは負けなので、選手たちはロッカーで沈んでいた。だがチームを誇らしく感じている。この大会のどのチームにも勝てると思う。(次の)韓国戦はとても面白い試合になると思う」と今後の戦いへの自信ものぞかせていた。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

text by 編集部