北朝鮮との初戦を勝利で終えた日本代表。ハリルホジッチ監督はゴールを称えるも内容には...写真●滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[E-1選手権]日本 1-0 北朝鮮/12月9日/味の素スタジアム

 12月9日、東アジアナンバーワンを決めるE-1選手権の初戦に臨んだ日本代表。北朝鮮を相手に苦しみながら、後半アディショナルタイムに生まれた井手口陽介(G大阪)のゴールで勝利を手繰り寄せた。

 試合後、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はテレビのフラッシュインタビューに応え、「少し、運も味方したが、勝利を収められた」と安堵の表情を見せた。そして、井手口のゴールに関しては「美しいゴールでした」と最大級の賛辞を送ったものの、試合内容に関しては課題が残ったとコメント。

「相手チームは守ってカウンターを繰り出す戦術を徹底していた。しかし、われわれはボールを奪ったあとのプレースピードが足りなかった」と物足りなさを語り、選手たちに修正を求めた。

「少し休んで、しっかりと中国を分析して試合に挑みたい」と話した指揮官。12日の中国戦で北朝鮮戦の課題をどのように修正するのか、注目が集まる。

【日本代表PHOTO】E-1選手権初戦に挑んだ日本代表。最終盤に井手口がネットを揺らし、難敵・北朝鮮を撃破!