劇的ゴールで北朝鮮に勝利…ハリル「諦めなかった選手たちを称えたい」

写真拡大

 EAFF E-1サッカー選手権2017の初戦が9日に行われ、日本代表は朝鮮民主主義人民共和国代表と対戦。井手口陽介のゴールで日本が1−0で勝利した。

 試合後、インタビューに応じたヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「運も味方にした。相手チームはしっかり守ってカウンターを徹底していた。低い位置でコンパクトにしており、プレースピードが足りなかった。諦めなかった選手たちを称えたい」と振り返った。

 アディショナルタイムの決勝点については「良いゴール。良い形を作ってゴールとなったし、タイミングも良かった」と称えた。次戦の中国代表戦に向けては「少し休んで、しっかり分析して臨みたい」と語った。