日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-0 北朝鮮 EAFF E-1サッカー選手権2017】

 9日にEAFF E-1サッカー選手権2017の試合が行われ、日本代表は味の素スタジアムでFIFAランキング114位の北朝鮮代表と対戦。

 国内組のみで臨む今大会初戦のスタメンにはGK中村航輔、DF室屋成の2人が名を連ね代表デビューを果たした。J1リーグ得点王の小林悠も先発出場を果たしている。試合開始して15分、パス回しからDF裏に抜け出した倉田秋がゴールを決めるもオフサイドの判定により取り消しとなった。

 すると25分、日本のクリアボールを拾われて北朝鮮のチョン・イルグァンにシュートを打たれるがGK中村がキャッチして相手に先制許さず。直後の26分にも北朝鮮にチャンスを作られたが、ここも相手のシュートを冷静にGK中村がキャッチ。

 さらに69分にもチョン・イルグァンにヘディングシュートを打たれたがGK中村のファインセーブにより北朝鮮に先制点は入らず。その後も何度かピンチを迎えたが、GK中村の活躍と相手の決定力不足に助けられた。そして後半アディショナルタイム、最後のワンチャンスで井手口陽介がゴールを決めて、日本が1-0の劇的勝利した。

【得点者】
90分+4分 1-0 井手口(日本)

text by 編集部