野菜には体を冷やすものと温めるものとに大別されます。夏が旬の野菜は体を冷やし、冬が旬の野菜は温めるものが多いです。また、土の上に出来る野菜は体を冷やし、土の中に出来る根野菜は体を温める傾向にあります。冬には体温が下がり、それに伴って免疫力も低下しますので、旬の根野菜を上手に摂ることによる対策を考えたいものです。

ゴボウの効用と美味しい食べ方

ゴボウには食物繊維がたくさん含まれているのは既にご存知だと思います。食物繊維は腸のはたらきを助けて、便通をよくしますし、利尿作用も高いので毒素を体外に排出するのにとても優れています。そのためアンチエイジングや美肌作り、ダイエットにも効果があります。そのように食物繊維は腸のはたらきを活発にすることによって熱量も多く発生させるために体も自然に温まるというわけです。また食物繊維は血糖値を抑えるはたらきが優れていることも知られていて、糖尿病予防にも大変いいとされています。含まれているタンパク質やミネラルも豊富ですし、冬に摂るのには本当に適したものと言えます。ごぼうの漬物、ごぼうご飯、ごぼうの煮物、ごぼうのお茶…。あまり神経質に皮をむかず、ごぼうを丸ごといただきましょう。最近はごぼうチップスも美味しいものが多いですよ。

ニンジンの効用と美味しい食べ方

人参には鉄分が豊富に含まれているので血行を良くして体を温める作用があります。粘膜を強化することが知られているカロテンも豊富に含まれているので風邪の予防や乾燥肌の予防にもとても優れていて、冬にはぴったりな野菜と言えます。カロテンは免疫力を上げてガンの抑制効果も知られています。ごぼうと同じように食物繊維も豊富に含まれていますので毒素を体外に排出し、生活習慣病の予防やダイエットにも適したものと言えます。カロテンは油と一緒に摂取することによって体に吸収されやすくなることも知られています。寒い冬には人参の天ぷらもオススメですし、人参のグラッセ、人参とりんごの煮物、生で大量消費できちゃう人参のキャロットラペなどもおすすめです。

ダイコンの効用と美味しい食べ方

ダイコンには消化酵素のジアスターゼが含まれているのでデンプンの消化を助け、さらにグリコシダーゼなども含まれているのでタンパク質や脂肪の消化も助けますので腸のはたらきをよくします。腸のはたらきがよくなると免疫力のアップに大いに役立ちます。ダイコンにはビタミンCも豊富に含まれています。ダイコンおろしで風邪予防、あるいは風邪を引いてしまってもビタミンCのはたらきで回復が早くなります。ダイコンは咳止め効果にも大変優れています。ダイコンはイソチオシアネートが生成されるために殺菌作用や消炎作用があることが知られています。すりおろしたダイコンにハチミツと混ぜることによってハチミツに含まれるグルコースオキシダーゼという酵素との相乗効果で咳やのどの炎症にはとても優れた効果を発揮します。また紅茶などに入れて紅茶に含まれるタンニンとの相乗作用による消炎作用も大変に期待出来ます。

冬こそ根野菜の効能を知ってその恩恵を十分に受けることが出来る季節であるとも言えますね。


writer:Masami