ショートプログラム(SP)の得点差は1位のネイサン・チェン(アメリカ)から、3位のミハイル・コリヤダ(ロシア)まで4.10点差という混戦だったグランプリ(GP)ファイナル男子の戦い。12月8日のフリーは、各選手がミスを連発する展開になった。

 最初に登場したチェンは、冒頭の4回転ルッツ+3回転トーループをきれいに決めて勢いに乗るかと思われたが、次の4回転フリップで着氷を乱し、サルコウは2回転になるミス。後半になっても、成功確率が高いという理由で2本にした4回転ルッツでステップアウトすると、4回転トーループからの3連続ジャンプの最後が2回転サルコウに。次に予定していたトリプルアクセルを4回転トーループにしてリカバリーを図ったものの、ダウングレードで転倒とミスが続いた。チェンは結局、183.19点にとどまった。

 続くコリヤダは、冒頭の4回転ルッツと4回転サルコウで転倒。トリプルアクセルも着氷を乱して連続ジャンプにできず、最初からミスを連発して182.78点。こうなると、最終滑走の宇野の初優勝への期待が高まった。


地元・名古屋でのGPファイナルのフリーで1位だった宇野昌磨

 6分間練習ではキレのある動きで4回転も軸が細いジャンプをきれいに決めていた宇野は、最初の4回転ループは両足着氷で転倒する滑り出し。だが、「練習でループを失敗するといつもグダグダになって次のサルコウなんて跳べる気にならないんですけど、今日はなぜか跳べる気がしていた」と、シーズン初戦のロンバルディアトロフィー以来プログラムに入れた4回転サルコウを成功。そこからは安定した滑りで、勝利を引き寄せているように見えた。

 しかし、後半になると自信を持っている4回転トーループで着氷を乱して連続ジャンプにできなかったうえに、2本目はダウングレードと痛恨のミス。最後の3回転サルコウ+3回転トーループも「前のトーループの回転数がわからなかったので、ここで3回転をつけたらキックアウト(で減点に)になると勘違いした」と、コンビネーションをつけずに単発のジャンプにしてしまった。

 結果は、184.50点でフリー1位にはなったが、合計286.01点でチェンに0.50点及ばない2位。ジャンプ自体は「余裕があった」という3回転サルコウに3回転トーループをつけておけば……と悔やまれる2位だが、宇野は「晴々とした気持ち」と笑顔を見せた。「フランスの大会がとてもきつかったから、今回は自分の演技をしたいとすごく思っていて。だから試合がすごく楽しかったので、後悔はないです」と言う。

 インフルエンザに罹患(りかん)したため練習がほとんどできずに臨んだフランス大会とは違い、今回は地元、名古屋での開催ということもあって準備は万全だった。

「今回は本当にやることをやってきて、もうこれ以上どうしようもないという状態でした。失敗したことに関してはいろいろ理由があると思いますけど……。たとえば4回転トーループの失敗にしても、リンクに上がって前の選手の得点が出るのを待っている間にトリプルアクセルを跳びましたけど、あそこで、たとえ失敗しても4回転トーループを跳んでおけばよかったかな、とも思います。6分間練習ですごく調子がよかったからこそ、それをやっておけばよかったんですね。

 練習でも最初の1、2本はああいう失敗をするので、あれは本当に試合直前の調整ミス。それは次から生かせばいい。最後の3回転サルコウにコンビネーションをつけなかったというのも、いっぱいいっぱいになっていて頭が回らなかったとか、できなかったことがすごく明確にわかっている。だから『もっとできた』と思うのではなく、『やることはやった。次は頑張ろう』という気持ちになっている」

 前日のSPでタイムオーバーの減点がなかったら、と指摘されても、それは曲を編曲して少し長くなったことが原因ではなく、「いつもは動き出しが遅いのにあの時だけは音に反応して早く動き出してしまった自分が悪く、編曲が理由ではない」と言い切る。

「僕自身、一刻も早く仕上げたいとシーズン前から思っていましたが、最初のロンバルディアトロフィーがよかったのは本当に運がよくて、たまたまうまくいっただけ。それ以来、ずっとうまくいかず、やっと満足いく練習ができて臨めたのがこの試合でした。それでも1、2週間やっただけのことなので、それでは補えないものがあるというのを、この大会を通して思いました。でも、大会を振り返れば本当にいろんな収穫があったと思う。2位という結果でみなさんは残念だったねという気持ちかもしれないですが、僕としては満足しています。結果に関しても、これが今の僕の結果だと思います」

 宇野にとって初優勝の大きなチャンスだった今回のGPファイナルだが、この先には全日本選手権もある。優勝したチェンも、2週間後には平昌五輪代表を決める全米選手権が控えている。選手がそこに照準を合わせていることで、いつもよりピリピリ感が希薄になっていた部分もあったかもしれない。

「今回はショートの時は失敗で笑顔が出たけど、そうではなくてちゃんと演技中に心の中から楽しめているというのを実感するような演技をしたいので、これから全日本選手権へ向けてしっかり練習に取り組んでいきたいと思います」

 宇野は、0.5点差での敗戦についてはこう言う。

「今回は納得できる準備ができて自分の演技ができたので満足していますし、0.5点差で負けたというのもまったく気になっていません。いろんなところでチャンスはあったし、それこそコンビネーションとかスピンとかいろいろあったらしいですけど、それでも0.5点差で負けたというのは、『今日はそういう日だったんじゃないかな』という気持ちにしかならなくて。でも、次に同じような点差で負けたら悔しいと思うだろうから、同じような失敗をしないように頑張っていこうと思います」

 今の宇野は、挑戦すること自体がまずは大きな目標であり、勝利に固執する気持ちがそこまで大きくなってきてはいないようだ。それでも、次に同じようなミスを繰り返せば、確実に「悔しい」と思う──ファイナルでその経験を積むことができたのは、平昌五輪本番に向けて、ひとつの好材料だったといえるだろう。

◆スゴ技の美少女5人が火花を散らす、ロシアはジュニアも、おそロシア>>

■フィギュアスケート 記事一覧>>

■フィギュアスケート特集ページ>>