モテを狙っているつもりなのに、逆に男性から敬遠されてしまう……なんて、“残念な女”が辿る道。恋愛模様研究家である並木まきが、モテを狙っているのに実はモテを逃している女子像に迫ります。

文・並木まき

【その努力ムダです! 実は「モテを逃している」痛い女の特徴 #13.笑い声が大きい女】

明るい子だと思ってもらいたい女

「ギャハハハハッ」「ガハハッ」「アッハッハーッ」と、なにかと笑い声が大きい女性。

「笑顔はモテの最強武器」と言われるだけに、男性の前で明るく振る舞おうと努めている人だっているはず。

しかし、笑い声がやたら大きい女性に嫌悪感を示す男性も一定数いることをお忘れなく……!

「大きな笑い声」はオバサンぽい

「僕の知り合いで、笑い声がめちゃめちゃ大きい女性がいるんですけど、なんかもう『オバサン』って雰囲気がプンプンして、見ていて痛々しい。本人は、確か30歳くらいだったかな? 話し声はそんな大きくないんですけど、とにかく笑い声が目立つんですよ。しかも、いきなり笑い出すから、ビクッとします。顔はいいのにもったいない」(33歳/SE)

「元カノの笑い方が苦手で、別れました。笑うのは“楽しい”ってことだから、それ自体は悪いことじゃないんですけどね。でも、外でも『ガハガハ』笑う子で、だんだん僕が恥ずかしくなってきちゃって。『なんでこんなに下品なんだろう』って思っていたら、だんだん気持ちが萎えてきちゃいました……」(30歳/マスコミ)

大きな声で笑う女性に、言いようのない“おばさんぽさ”や“下品な雰囲気”を感じる男性は珍しくなく、ネガティブな印象をもつ人が目立ちました。

巷の“おばさん”と呼ばれる世代の女性たちが、公衆の面前で「ガハガハ」と笑っていることも、この印象を作り出しているのでしょう。

「陽気な子だと思って欲しい!」という女性たちの自己アピールは、残念ながら男性たちにその真意が届きにくいというわけです。

笑い声はボリュームに注意!

とは言っても、女性の笑顔が、男性に魅力的にうつるのは、間違いないお話。

要するに問題なのは、声のボリュームであって、笑うこと自体は問題ではありません。

男性から「陽気な子だな」「可愛いな」と思ってもらうには、“ギャハギャハ”するのではなく、女らしく“ニコニコ”する程度がベター。

笑顔はモテの最強武器だけに、用法は正しく! せっかく笑うなら、男性が「可愛い!」と思う笑い方で攻めていきましょう。

(C) wavebreakmedia / Shutterstock(C) A. and I. Kruk / Shutterstock(C) Antonio Guillem / Shutterstock(C) Olena Zaskochenko / Shutterstock