「TSUTAYA HP」より

写真拡大

 全国で映像・音楽ソフトのレンタルサービスを展開する「TSUTAYA」が、月額1000円(税別)で旧作DVD借り放題・動画見放題の新サービス「TSUTAYAプレミアム」を10月2日より全国約800店舗で開始した。

 近年、NetflixやHuluといった月額制オンラインストリーミングサービスなどの登場により、DVDレンタル市場は縮小の一途をたどっている。一般社団法人日本映像ソフト協会が2017年4月に発表した「映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査 2016」によれば、映像ソフトレンタル市場規模は10年連続で減少し16年は1,831億円。一方、有料動画配信市場は算出開始の13年は597億円だったが16年には1,256億円まで成長している。

 そんなレンタル不況のなかで打ち出された「TSUTAYAプレミアム」。すでに月額DVD/CDレンタルサービス「TSUTAYA DISCAS」や動画見放題の「TSUTAYA TV」などを展開しているTSUTAYAだが、今回新たなサービスを導入した狙いはなんなのだろうか。

●「TSUTAYAプレミアム」の出だしは好調

 まず、TSUTAYA広報に新サービス開始の背景や特徴などについて話を伺った。

「現在、生活はスマホベースになってきており、ネットの世界ではサブスクリプション型、いわゆる月額制のサービスが増えています。また弊社では時代に合わせて動画配信を古くからやっていますが、今使っていただいているお客様の顧客価値を考えたときに、お店でも借り放題で、さらにネットでも動画見放題のほうが、顧客価値は高いだろうということで『TSUTAYAプレミアム』の話が持ち上がりました」(TSUTAYA担当者)

 1年ほど前に一部の店舗で実験的にサービスを開始。すると意外にも女性の申込者が多く見られたそうだ。

「実験開始前は、ヘビーユーザーが利用することで売り上げが減少するのではという懸念がありました。しかし、実際に申し込みいただいたのは、ライトユーザーや少し足が遠のいていた方々が多かったのです。なかでも、30代から40代の女性が多く利用してくださっていたことや、TSUTAYAのお客様は映画が好きな方が多く、作品の品揃えには敏感なので、一般的な定額配信サービスの品揃えでは満足できないと判断して、正式なサービスとして導入することとなったのです。現在の入会者を見ても若干女性が多い状況です。また、30代から40代の男性も多数お申込みいただいています」(同)

 では、「TSUTAYAプレミアム」は具体的にはどのような特徴があるのだろうか。

「ひとつはネットの配信動画と店舗で借りられる平均約10万作品とが見放題になること。実はあまり知られていないのですが、ジブリやジャニーズ系、北野武作品、古い洋画など、どこの配信業者でもデジタル化されていない映像がものすごく多いんです。これらはパッケージしか出ていないのでパッケージ版をお買い上げいただくか、お店でレンタルしていただくしかない。一般的な定額配信サービスより、DVDレンタルのほうが約3倍の作品数があり、そういった作品が月額1000円(税別)で借り放題なのは『TSUTAYAプレミアム』の大きなウリとなっています。そして、好きなタイミングで見られるよう、延滞金や返却期限がないのも特徴のひとつです」(同)

 新サービスを開始して約2カ月が経過したが、利用者からは概ね好評の声が届いているという。

「おかげさまで、当初の予測を超えるお申込みをいただいています。お客様からは、『アニメとドラマが一気見できて嬉しい』『返却期限がないのがいい』などといった声が多いですね。ただ、『新作も借りられるようにしてほしい』という要望もあり、現在対応を考えているところです。『TSUTAYAプレミアム』は映像だけに閉じたサービスではなく、映像以外のアイテムにも拡大していくなど、どんどん顧客価値を広げていきたいと考えています。そのために現在一部の店舗ではコミックレンタル1冊無料やCDレンタル1枚無料などのサービスを実験的に行っています。2015年より開始している映像クリエイター発掘プログラム『TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」の企画をオリジナル映画化したり、『イケメンPLANET』等のオリジナル番組の配信も増やしていきますので、今後は『TSUTAYAプレミアムに入るといろいろなことがお得になる』と思ってもらえるサービスにしていきたいです」(同)

 現在のサービスに新たな付加価値がつくとなれば、ユーザーとしても嬉しいところ。ただ、DVDが借り放題になるのは「TSUTAYAプレミアム」を申し込んだ1店舗のみ。レンタル可能な枚数もお店ごとに上限があるため、利用する際は一番行きやすい店舗で申し込む必要があるだろう。

●コンテンツをどれだけ揃えられるかが鍵

 続いて、ITジャーナリストの三上洋氏に、昨今の有料動画配信市場の様子や、「TSUTAYAプレミアム」がシェアを拡大させるために必要なことなどについて聞いた。

「近年、有料動画配信市場は、NetflixやHuluなどのサブスクリプション型動画見放題サービスが日本に上陸し、映画やドラマだけでなく、日本のテレビ局の番組や、テレビ局とタイアップしたオリジナル動画を配信したり、かなり伸びてきている状況です。また、iTunesやGoogle Playでも、コンテンツ数はともかく、端末や自分の環境にあった高画質の映像が見られるようになってきています。それに対して、DVDレンタル市場は縮小していく一方。そんななか、TSUTAYAが月額1000円(税別)でDVD借り放題、動画見放題の『TSUTAYAプレミアム』を始めたわけですが、ユーザーからすると借りられるのは旧作だけ、またオリジナル作品も数が少なく、利用しづらいというのが率直な感想ではないでしょうか」

 確かに、NetflixやHuluなど人気の動画配信サービスは、オリジナル番組をテレビCMやネット広告などで大体的に宣伝しており、それが利用者数の増加に結び付いている。しかし、『TSUTAYAプレミアム』は先日ようやくオリジナル番組の配信を開始したばかり。では、どのような人なら最大限メリットを享受できるのだろうか。

「TSUTAYAが持っているDVDの映画やドラマなどのラインナップ数は圧倒的です。TSUTAYAとしても、どうにかしてすでに保持しているコンテンツをビジネスに結びつけたいと考えたからこその、DVD借り放題、動画見放題なのでしょう。そのため、例えばデジタル化されていない古いアニメや任侠映画、時代劇や名作といわれる過去の洋画など、マニア性の高い作品を見たいという方にとっては魅力的かもしれませんね」(同)

 TSUTAYAは今後サービスを映像以外にも広げていくと話しているが、三上氏は「人気のコンテンツをどれだけ押さえられるかが鍵」と話す。

「TSUTAYAは邦画のカバー率が強い。今は邦画でもいい作品がたくさん出ていますから、これからはそういった良質な邦画をどれだけ押さえられるかの勝負になってきます。もちろんクオリティが高いものはNetflixやHulu、そしてAmazonが押さえる可能性もありますから、そこと戦えるかどうかでしょう。今は売れる、注目されるコンテンツは競り合いになります。地上波が先に落とすのか、ネット事業者が落とすのか。オリジナル作品も含め、魅力的なコンテンツをどれだけ揃えられるかが『TSUTAYAプレミアム』が有料動画配信市場で戦っていくための鍵になると私は思います」(同)

 今のところアピールポイントが弱く、まだまだ改善の必要がある「TSUTAYAプレミアム」。リアル店舗が続々と閉店していると報道され利用者に不安が広がる中、先行する事業者にどこまで対抗できるのか、今後に注目したい。
(文=日下部貴士/A4studio)