8日のPR記者会見の様子

写真拡大 (全2枚)

(屏東 9日 中央社)南部・屏東県の屏東芸術館(屏東市)で16日から、県主催のコミックフェスティバルが開催される。

同フェスの見どころの一つは、美少女キャラクターの展示エリア。マグロやサクラエビの水揚げで有名な東港(東港鎮)のイメージキャラであり、サクラエビを擬人化した「絢桜」、150年近い歴史を誇る台湾最古のカトリック聖堂、万金聖母聖殿(万巒郷)のPR大使「迷路小瑪」など、屏東を代表する萌え系美少女キャラに出会える。

このほか、国際マンガコンテスト受賞作の展示コーナーや親子で楽しめるワークショップ、音楽会、コスプレイベントなども予定されている。

フェスティバルは31日まで開催。

(郭シセン/編集:塚越西穂)