三浦春馬&黒木メイサが「ヤラせてくれよ」など、名言珍言の数々を振り返りながら、爆笑トーク/撮影=龍田宏之

写真拡大

30歳以上の童貞&処女が「卒業」を目指すというぶっとんだ設定のオトナの学園ドラマ「オトナ高校」(テレビ朝日系)が今日12月9日(土)の放送でついに最終回を迎える。そこで、前回に引き続き、主演の三浦春馬とヒロインを演じる黒木メイサを直撃。これまでの印象的なシーンから最終回予想まで、たっぷり語ってくれた。

【写真を見る】黒木メイサが印象的だと語る、松井愛莉が「好きじゃなくてもヤレるから〜」と電話するシーン/(C)テレビ朝日

■ ポジティブ過ぎる英人の名言!

――いよいよ最終回。たくさんの名(迷)言&シーンがありましたが、振り返ってみてお二人が特に印象に残っているものを教えてください。

三浦 いっぱいありますよ。まずパッと出てきたセリフは、「蛾に感謝しなきゃな」。

黒木 あれはヤバかったー(笑)。

――第4話の合宿のシーンですね。大きな蛾に怯えるスペアこと真希(黒木)がチェリートこと英人(三浦)に抱き着く場面。

三浦 はい。蛾が2人の距離を縮めてくれたっていう発想(笑)。勘違いぶりもそうなんですけど、蛾さえも僕たちを祝福してくれているんだね、っていう図太さというか…。蛾さえも味方に付けていく。英人のポジティブシンキングが好きです。

黒木 すごかったですよ。そのときの英人の醸し出す「いい男」オーラ。なんなの?この人って思いましたもん(笑)。本当に面白かった。

三浦 英人って精神的に強いですよね。究極のポジティブ。俺、尊敬してますもん。

黒木 どのキャラクターもみんな全力で方向性がズレてるのが面白いよね。私は、ヒミコ(山田真歩)のファンなんですよ。特に同性愛者のアルデンテ(夕輝壽太)くんにアプローチしてもうまくいかないときに、「私が男じゃないからいけないのね」って言い出したりとか。そこじゃない!っていう(笑)。かわいくて、大好きなんです。

■ 噛み締めて言った「ヤラせてくれよ」

――テーマがテーマだけに、赤裸々なセリフも多いですよね。三浦さんは第1話から、さくら先生(松井愛莉)に繁華街で「ヤラせてくれよ!」と懇願したり…。

三浦 ありましたね〜(笑)。

――以前、連載の取材でペガサス先生役の竜星涼さんが、そのシーンは恥ずかしくなかったのか、逆に気持ちよかったのか?と気にされていましたよ。実際はいかがでした?

三浦 横浜のみなとみらいの近くで撮影してたんですけど、そのときは「今後公共の場で高らかに『ヤラせてくれよ!』って言うことはないだろうな」と思っていました。恥ずかしいというよりは、名残惜しい気持ちでしたね。だから、噛み締めて言おう、って(笑)。

■ チェリートとスペアはあり? なし?

――最終回までに成長してきた英人と真希。あらためて異性としてお互いのキャラクターは、ズバリありですか? それともなし?

黒木 なし!

――即答でしたね(笑)。英人も少しずつ成長していますが、それでも?

黒木 なし!(即答)

三浦 アハハハ!

黒木 かわいらしいとは思うんですよ。ただ、やっぱり私には厳しいですね(笑)。私は英人の真面目さについていけない。

三浦 僕は、スペアさんは全然ありですけどね。この物語では重たいって言われてますけど、裏を返せば尽くしてくれるってことですし。

黒木 尽くしてほしいタイプなんだ。

三浦 だって、ロールキャベツを作ってくれるんですよ? 俺だったら英人と違ってめちゃくちゃ褒めますよ。それに俺は潔癖でもないし、意外とうまくいく気もする(笑)。

■ 衝撃のラスト! 影の問題児はさくら!?

――さまざまな恋愛模様が絡み合う最終回。お二人としてはどういう結末を迎えてほしいですか?

三浦 それはやっぱりみんなに幸せになってほしいです。「大人になる」ということは、ただ「卒業」するだけじゃなく、いろいろな意味がありますから。みんなそれぞれが「本当の大人」になることが一番だと思っています。

黒木 うん。このお話は、それぞれの成長物語でもあって、最終回にはみんなが各々成長した姿を見せられるんじゃないかな、と思っています。個人的には、さくらちゃんに幸せになってほしい! 実はさくらちゃんって影の問題児だと思うんですよ。ものすごくモテるけど、本当の恋をしたことがない、っていう。

三浦 あ〜(納得)。

黒木 第6話のラストで、さくらちゃんが「好きじゃなくてもヤレるから〜!!」って酔っぱらって英人に電話しちゃうシーン、かわいくて切なかったな。誰か、この子を救ってあげて!って思っちゃった。

三浦 英人とどうなるのか?ってところですよね。

黒木 それから、やっぱりヒミコの恋も気になるし…。

三浦 うん。僕、最終話の台本を読んだときは衝撃でした。そうくるか!みたいな。そういう形で大人になるんだ!? そことそこ!?みたいな(笑)。

黒木 私も。ビックリした。

三浦 ね。英人とスペアはもちろん、さくらちゃんもペガサス先生もヒミコもヤルデンテもサショーさん(高橋克実)も。みんなの成長を是非、見守っていただけたらうれしいです。

■ 12/9放送の最終話は!?

オトナ高校でともに学ぶ永遠のスペア処女・園部真希(黒木メイサ)と人生初の同棲生活を始めたエリート童貞・荒川英人(三浦春馬)。しかし、肝心な一線を越える気配は依然として皆無…。そんな中、オトナ高校のエロ小悪魔教師・姫谷さくら(松井愛莉)が英人を押し倒し、彼のファーストキスを奪うという暴挙に出た! キス現場を目撃した真希は当然のごとく激怒。だが、さくらはしれっと「なんかムシャクシャしてたから」と言い放ったかと思うと、英人の成長のなさを指摘。自分では成長していたつもりの英人は悔しさから、「もっと変わらなきゃいけない!」と奮起する。

その矢先、オトナ高校が来年度から正式開校することが決まり、今いる生徒の教育は急遽今週いっぱいで終了することに。もちろん卒業できなかった生徒は優先的に第二期に入学できるというが、実績不足を理由に国家からクビを言い渡された熱血教師・山田翔馬(竜星涼)もいないオトナ高校に、居残るなんて…と絶望に暮れる処女・斑益美(山田真歩)。そんな中、勘違い街道まっしぐらの英人は「この状況からみんなを救う英雄になれるのは僕しかいない!」と使命感をたぎらせ、藪から棒にリーダーに立候補! 「翔馬先生の退任取りやめのために、全員で卒業しよう」と熱弁する。すると驚くべきことに、全生徒が賛同するという“奇跡”が巻き起こり…!

リーダーとして火が点いた英人は、全員卒業のための計画書を作るなど、ついてきてくれる生徒たちのために猪突猛進。だが、何かにつけて周りが見えなくなるのが英人のダメなところ…。放置された真希の気持ちを思いやることをすっかり忘れたがために、同棲解消を言い渡されてしまう…。その事実を知ったED童貞部長・権田勘助(高橋克実)は「いよいよ俺の出番だ」と、愛しの真希への急接近作戦を張り巡らせるのだが…。

一方、教職をクビになる翔馬にはさらなる不幸が降りかかり、ついに自暴自棄に。翔馬への叶わぬ恋に身を焦がす益美、川本・カルロス・有(夕輝壽太)とも、怒鳴り合いの喧嘩になってしまう…。そんな中、突如、さくらが失踪してしまい…?

ドロドロと複雑に絡み合う何角関係もの渦…。"変わりたい”とあがく英人。本当に大切なのは童貞を卒業することなのか、それとも…? “周回遅れの青春ドラマ”はついに感動のクライマックスへ! はたして、英人はいったい誰と結ばれるのか!? そして、最終的にオトナ高校を卒業できるのは誰なのか!? かつてない驚愕のラストとともに、『オトナ高校』ついに終幕!(ザテレビジョン・取材・文=鳥取えり)