7日、韓国のインターネット上で「日本が描写した李舜臣将軍」と題するスレッドが話題となっている。写真は韓国にある李舜臣像。

写真拡大

2017年12月7日、韓国のインターネット上で「日本が描写した李舜臣(イ・スンシン)将軍」と題するスレッドが話題となっている。

上記のスレッドは6日に韓国のあるオンラインコミュニティーに掲載された。スレッドには韓国・TV朝鮮の番組「英雄三国志」で放送された内容が書かれている。それによると、昔の日本では李舜臣将軍の姿が悪鬼のように描かれていたという。李舜臣将軍は文禄・慶長の役で朝鮮水軍を率いて日本軍と戦い活躍したとされ、韓国で英雄視されている。

番組では19世紀中期に刊行された日本の「朝鮮征伐記」に収められている李舜臣将軍の姿を描いた挿絵が公開された。挿絵には日本軍の銃弾を受けた李舜臣将軍が勇敢に銃弾を取り出す様子が、「鬼」と似た容姿で描かれている。これについて、番組の出演者らは「日本人が銃を恐れない李舜臣将軍の泰然自若ぶりを表現したもの」と分析した。

また、番組では「日本には李舜臣将軍を神として崇める人もいる」との情報も紹介された。番組に出演していた日本人は「日本には恐ろしかった敵を未来で称えるために神社をつくる伝統がある」とし、「当時の日本人にとって恐怖の対象だった李舜臣将軍も、死後に悪鬼を追い払う神として祀られた」と説明。その上で「李舜臣将軍は敵だったが、日本人は素晴らしい能力を持つ人と考えていた」との考えを述べたという。

これについて、韓国のネットユーザーからは「当然だよ。李舜臣将軍に会う日が人生最後の日と言っても過言ではなかったのだから」「敵の立場からしたら悪鬼に違いない」「日本人はそんなに恐れていたの?やっぱり李舜臣将軍には威厳という言葉がぴったり」などと納得するコメントが寄せられている。中には「被害の規模を考えると、李舜臣将軍の恐ろしさは地震や台風レベル」と主張する声も。

そのほか、番組に出演した日本人のコメントについて「敵でも能力があれば認めると美化しているが、つまり弱者に強くて強者に弱いということ」と指摘する声や、「そのうち李舜臣将軍は日本人だったと言い出すかも」と懸念する声、「ねつ造では?素晴らしいと感じたなら素直に認め、ありのままの姿を描くべき」と不満げな声もみられた。(翻訳・編集/堂本)