私は料理が苦手で面倒くさがり屋なので、トーストにスライスしたアボカドとチーズを乗せただけで、夕食をすませてしまうこともあります。何だか学生時代に戻ったような気分になります。つまり、私は育ち盛りのころに食べたような、シンプルな味がいまだに大好きなのです。今回ご紹介するMarcella Hazanのパスタソースのレシピは、使う材料はたったの3つ。しかもそれを鍋に入れるだけです。

これは、10年以上続く老舗の料理サイトSmitten Kitchenでベストだと言われているレシピです。それを簡単にまとめてみました。

トマト缶の中身を鍋に入れる。タマネギの皮をむき、半分に切っただけの状態で1の鍋に入れる。バター大さじ5も加える。テレビでも見ながら45分間煮込む。時々混ぜたり、トマトを潰したりする。別の鍋でお湯を沸かし、パスタを茹でる。(写真のようないわゆるスパゲッティではなく、ショートパスタがおすすめ)タマネギを取り出す。茹で上がったパスタにソースをかけて食べる。

塩を少々足してもいいですし、パルメザンチーズがあれば最高です。しかし、他にはハーブもいらなければ、タマネギをみじん切りにする必要もありません。時間はかかりますが、面倒なことは一切なしのレシピです。

Image: Naotake Murayama/Flickr

Source: Smitten Kitchen

Nick Douglas - Lifehacker US[原文]