石原さとみ4年ぶりの舞台「密やかな結晶」東京・富山・大阪・福岡で公演

写真拡大

石原さとみ4年ぶりの舞台出演作品「密やかな結晶」が、2018年2月2日(金)の東京公演を皮切りに、富山、大阪、福岡を巡回する。

「密やかな結晶」の原作は、「妊娠カレンダー」で芥川賞、「博士の愛した数式」で本屋大賞を受賞した小川洋子による同名小説。モノや記憶の“消滅”が当たり前になった島で起こる事件を描いたファンタジー作品だ。それを日本アカデミー最優秀脚本賞・読売演劇賞最優秀作品賞の鄭義信による上演台本で舞台化する。

主演には舞台作品は4年ぶりとなる石原さとみを起用。主人公である小説家の女性を演じる。男女問わず人気を誇る彼女が、テレビドラマやCMなどとはまた違う顔を見せてくれそうだ。そのほか出演者には、俳優のみならず声優など活躍の場を広げつつある村上虹郎、そして映画『ビジランテ』で主演を務めた鈴木浩介らが名を連ねる。

なお、3人が映し出されたメインビジュアルは、 Mr.Childrenや松任谷由実など名だたるアーティストのCDビジュアルやMVなどを手がける森本千絵がディレクションしたもの。 カメラマンの宮原夢画、スタイリストの伊賀大介、ヘアメイクの冨沢ノボルといったクリエイターが集結し創り上げられた。

【詳細】
「密やかな結晶」
原作:小川洋子「密やかな結晶」(講談社文庫)
脚本・演出:鄭義信
出演:石原さとみ、村上虹郎、鈴木浩介、藤原季節、山田ジェームス武、福山康平、風間由次郎、江戸川萬時、益山寛司、キキ花香、山村涼子/山内圭哉、ベンガル
美術:土岐研一 照明:増田隆芳 音楽:久米大作 音響:藤田赤目 衣裳:山下和美 ヘアメイク:林摩規子
擬闘:栗原直樹 振付:広崎うらん 演出助手:松倉良子 舞台監督:榎 太郎
チケット詳細: http://hpot.jp/stage/hisoyaka

■東京公演
日程:2018年2月2日(金)〜25日(日)
場所:東京芸術劇場 プレイハウス(東京・池袋)
住所:東京都豊島区西池袋1-8-1
■富山公演
日程:2018年3月3日(土)、4日(日)
場所:富山県民会館 ホール
住所:富山県富山市新総曲輪4-18
■大阪公演
日程:2018年3月8日(木)〜11日(日)
場所:新歌舞伎座
住所:大阪府大阪市天王寺区上本町6-5-13
■福岡公演
日程:2018年3月17日(土)、18日(日)
場所:久留米シティプラザ ザ・グランドホール
住所:福岡県久留米市六ツ門町8-1


[写真付きで読む]石原さとみ4年ぶりの舞台「密やかな結晶」東京・富山・大阪・福岡で公演

外部サイト

  • 大泉洋にインタビュー - 映画・ドラマ・バラエティ、多様な顔をもつ大泉が“俳優を続ける理由”
  • 「デザインあ展」日本科学未来館・富山県美術館で開催、参加型アートを通しデザインを五感で体験
  • 写真展「伝説の映画スターたち、オードリーなど」銀座で、“幻の写真”や貴重なビンテージなど約40点