ジャガー初のEVクロスオーバー「I-PACE」市販型プロトタイプが軽偽装で公道テストを開始しました。これまででもっともディテールが確認できます。

バンパーは隠されているものの、ジャガーのスポーツモデル同様の薄くワイドなLEDヘッドライトやテールライトのデザインを確認できます。

パワーユニットは、ジャガー・ランドローバー製の90kWリチウムイオンバッテリーを搭載し、最高出力は395ps、最大トルクは700Nmを発揮します。また0.29のCD値により0-100km/h加速は4秒以下のパフォーマンスだと噂されています。

驚かされるのは、そのボディサイズです。上位クラスの『F PACE』より50mm全長が短く、全高は90mm低い。全幅は40mmタイトとやはりかなりのコンパクトですが、ホイールベースは115mmも長く、そのフットスペースはBMW『7シリーズ』以上だといいます。

1回のフル充電では350km〜400kmの航続距離を目指し開発中で、90分で80%、2時間で100%の充電が完了します。

生産型は2018年にも公開予定で、オーストリアのマグナ・シュタイア工場で生産されます。

(APOLLO)

デザイン見えた!ジャガー初のEVクロスオーバー「I-PACE」市販型に超接近(http://clicccar.com/2017/12/09/538248/)