小川あん、岡本夏美らのアイドル姿も 内田慈主演映画『ピンカートンに会いにいく』本予告編

写真拡大

 2018年1月20日より公開される映画『ピンカートンに会いにいく』より、本予告編と場面写真が公開された。

参考:動画はこちらから

 本作は、松竹ブロードキャスティングが手がけるヒューマンコメディ。ブレイク寸前で突然解散してしまった伝説の5人組アイドル「ピンカートン」が、20年の月日を経て再結成するまでの奮闘を描く。

 監督を務めるのは、『東京ウィンドオーケストラ』、『エキストランド』の坂下雄一郎。元ピンカートンのメンバーで主人公・優子を、『恋人たち』、『下衆の愛』で存在感を発揮した内田慈が演じるほか、松本若菜、山田真歩、水野小論、岩野未知、田村健太郎らが共演に名を連ねた。ピンカートンの現役時代を演じるのは小川あん、岡本夏美、柴田杏花、芋生悠、鈴木まはな。

 このたび公開された本予告編は、ピンカートンの元リーダーで女優として活動していた優子が、事務所から契約解除を言い渡されるシーンから始まる。優子がレコード会社に所属する松本(田村健太郎)からピンカートン再結成を持ちかけられ、かつてのメンバーを訪ね歩く様子や、若かりし頃のピンカートンのライブ風景などが映し出されている。(リアルサウンド編集部)