パチューカの日本代表FW本田圭佑【写真:Getty Images】

写真拡大

「スポーツ界の名珍場面総集編」…10月に本田がカップ戦で見せたスーパーミドル弾

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は10月にサッカー日本代表FW本田圭佑(パチューカ)がメキシコ国内カップ戦で見せた“あり得ない角度弾”だ。およそ1.2秒と滞空時間の長いスーパーミドル弾を含む2得点を大会公式ツイッターが動画付きで紹介。現地メディアも「稲妻のホンダ、降臨」と絶賛するなど、大きな話題となった。

 日本のサムライが一瞬にしてスタジアムを熱狂に変えた。衝撃の一撃が飛び出したのは、10月25日に行われたコパMX(国内カップ戦)のサカテペク戦だ。

 パチューカが1-0とリードして迎えた前半36分、本田は右サイドでパスを受けると、相手DFをかわし、中央へ切り込んだ。そして、ペナルティエリアの外から体をひねるようにして左足を一閃。放たれたシュートは糸を引くような綺麗な軌道を描き、そのままゴール左隅に突き刺さった。

 およそ1.2秒と滞空時間の長いスーパーミドル弾を大会公式ツイッターが紹介。予期せぬ体勢からいきなり決めた本田に観客も騒然。実況は唖然とした様子で絶叫し、日本のエースがもたらした衝撃の大きさを物語っていた。

海外メディアも騒然「GKにとってセーブ不可能な角度」「まさに劇的」

 メキシコ情報誌「Periódico Zócalo」は「稲妻のホンダ、君臨」と見出しを打って報道。記事では「相手選手に囲まれる中、ゴールキーパーにとってはセーブ不可能な角度にシュートを突き刺した」と賛辞を送った。

スポーツ専門メディア「Azteca Deportes」は「ザ・ケイスケホンダ・ショー」と題し、「マークについた2人に衝撃を与えた」「まさに劇的と言えるものだった」と表現。また、サッカー専門誌「Univision Deportes」は「このアジア人は強烈な印象を残す左足のシュートであり得ない角度へ突き刺した」と難しい体勢からのシュートを絶賛した。

 前半44分にもスルーパスに抜け出した本田は、GKとの1対1に左足で冷静に流し込んで2得点目。移籍後初となる1試合2ゴールで5-0の大勝に貢献した。

 今年6月にセリエAの名門ACミランを契約満了となり、新たな挑戦を選んだ本田。新天地にメキシコを選ぶ“意外性”も本田らしければ、ド派手なゴールで自身の存在価値を示す“有言実行ぶり”もまた本田らしかった。

 本田は現在UAEで行われているFIFAクラブワールドカップに初参戦し、9日の準々決勝でアフリカ王者ウィダード・カサブランカ(モロッコ)と対戦する。世界の舞台でスーパーゴールを決め、日本代表復帰、そしてロシア・ワールドカップのメンバー入りにアピールしたいところだ。