実弾入りの拳銃を店のトイレに忘れパトロールに 巡査部長に処分検討

ざっくり言うと

  • 群馬県警は巡査部長が実弾入りの拳銃を店のトイレに置き忘れたと発表した
  • 約30分後に来店客が発見し、預かった店長が110番通報した
  • 巡査部長は規定違反に相当するため、県警は処分を検討しているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング