浅田真央さん【写真:Getty Images】

写真拡大

平昌五輪開幕まで2か月…五輪SP女子初のトリプルアクセル成功者・浅田さんに再脚光

 フィギュアスケートは現在、グランプリ(GP)シリーズ上位6名によって争われるGPファイナルが開催されており、女子ではSP3位の全日本女王・宮原知子(関大)、5位の樋口新葉(日本橋女学館高)が9日、勝負のフリーに挑む。来年の平昌五輪開幕までちょうどあと2か月となった同日、オリンピックの大会公式ツイッターが元女子フィギュアスケートの浅田真央さんが五輪SPで女子初のトリプルアクセルを成功させた功績を紹介。銀メダルを獲得したバンクーバー五輪のSP演技を動画付きで紹介し、改めて称賛を受けている。

 オリンピックの大会公式ツイッターは9日、「マオ・アサダが五輪のSPでトリプルアクセルを成功させた最初の女性であることをご存知か?」と投稿。そして、動画で添えたのは、19歳で迎えたバンクーバー五輪のSPだった。

 ワインレッドの衣装をまとい、仮面舞踏会の荘厳なメロディーに合わせ、演技を開始。代名詞となったトリプルアクセルを冒頭で見事に決め、客席からは大きな歓声と拍手が送られる。その後も美しいスピンやターンを披露し、現地バンクーバーのファンも魅了した。そして、2分50秒を演じ切ると、「真央スマイル」を見せ、映像は終わっている。

 SPでトリプルアクセルを決めたのは史上初。伝説の演技に続き、フリーでも2度決め、1大会で3度成功させた。ライバルのキム・ヨナ(韓国)に敗れこそしたが、見事に銀メダルを獲得した。

ファンにもあの感動が甦る「伝説的なパフォーマンス」

 ツイートの返信欄には、「伝説的なパフォーマンス」「まさに女王だ」「ビューティフル・マオ・アサダ」「美しきレジェンド」「彼女は女性という領域をも超越した存在」と称賛のコメントが到着。ファンにも“あの感動”が甦ったようだ。

 今年4月の現役引退表明から早8か月が経過したが、現役時代に輝かしい実績を残した偉大なスケーターの人気、インパクトは衰えを知らない。