ドバイ国際モーターショーで見掛けた、色々な意味で凄いクルマをご紹介!(前編)

【ギャラリー】2017 Dubai Motor Show Gallery26


11月14日から18日まで開催されたドバイ・モーターショーには、高価で、型破りで、率直に言うと馬鹿げたクルマがたくさん展示されていた。良くも悪くも、ドバイという場所とそこで開催されるモーターショーは期待を裏切らない。その中からいくつか我々の注目を惹いたクルマをご紹介しよう。


デヴェル「シックスティーン」
4基のターボチャージャーを備える排気量12.3リッターのV16を搭載し、最高出力5,007馬力。実際には約5,000馬力ということだが、ダッジのヘルキャット・エンジンが707馬力となっていることに倣って7馬力を上乗せしてみたらしい。

いずれにせよ、その公称値を確認する術はない。本当に5,000馬力を発生するかどうかはともかく、夢と希望が詰まっていることだけは確かだ。デヴェル・モーターズでは実際に販売すると言っているが、マイナーチェンジで6,008馬力になるのを待った方がよいかもしれない。


こちらはそのプロトタイプ。上の青と白のクルマは"市販モデル"となっている。リア・ウイングはあったほうが良いと思う。バットモービルみたいで。


デヴェル「シックスティ」
この何とも言えない6輪のSUVは、700馬力を発生する6.7リッターV8ディーゼルターボ・エンジンを搭載し、0-60mph(約96.6km/h)まで5.3秒で加速するという。不揃いなブロックのような、あるいはデコレーションし過ぎた携帯電話のようなボディに、そんな空力性能があるのだろうか。実車を見ると、品質は標準以下に思えた。まあ、何を標準と考えればよいか分からないが。


塗装の品質はご覧の通り。


シャーリ・モータースポーツ「N360」
これぞまさしくドバイにおける地元ヒーロー的存在と言えるクルマだろう。シャーリ・モータースポーツの「N360」は、デヴェル・モーターズの滑稽な物体より、ずっと現実味のある提案と言える。サーキット専用車ではあるものの(公道仕様車の可能性も模索されている)、とんでもないスーパーマシンというわけではない。

シャーリ社は恐らく、ケータハムやロータスのようなスタイルのサーキット用車にしようと目論んだのだろう。コンパクトでライトウェイト(約635kg)な車体のフロントに搭載されたエンジンは、スズキの高性能スポーツバイク「ハヤブサ」の高回転型1.4リッター・エンジンのヘッドに、ジョン・ハートリー氏が設計したブロックを組み合わせたもの。同氏はアリエル「アトム 500」のV8エンジンを手掛けた人物なので、今回も自分がやるべきことをよく分かっているはず。

このN360は楽しむために製作されたクルマであり、凄まじい性能を競い合うために開発されたわけではない。

イタルデザイン「Zerouno(ゼロウノ)」
これは、ランボルギーニ「ウラカン」をベースにイタルデザインが製作した「Zerouno(ゼロウノ)」だ。日産「GT-R」とF1マシンと合わせたようなクルマにも見えるが、ランボルギーニの5.2リッターV10エンジンを積む。今回の会場に展示されている常軌を逸した幾つかのクルマ同様、このクルマもわずか5台のみの限定生産となる。それらの他のクルマと違うのは、これが申し分のない完成品で、壊れてしまうことなくちゃんと走るということである。


カールマン「キング」
カールマン キングと呼ばれるこのクルマは、まるで初期の3Dゲームに登場するようなポリゴン調で、その大型で黒いボディは、曲線というものを見たことがない人がデザインしたのではないかと思わせる。

ベースとなっているのはフォードの「スーパーデューティ」だというが、どのモデルかは不明。サイズから判断すると、おそらく「F-450」だろう。パワートレインはフォードの信頼性が高い「トリトン」V10エンジンを搭載する。

だが、このクルマで最も印象深いのは、約350万ドル(約4億円)という価格だ。

By Autoblog Staff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【ギャラリー】2017 Dubai Motor Show Gallery26



■関連記事
・【ビデオ】5000馬力のハイパーカー「デヴェル シックスティーン」最終試作車がドバイ国際モーターショーに登場! 発売は1年〜1年半後
・デヴェル・モーターズ、6人乗り6輪駆動のSUV「デヴェル シックスティ」をドバイ国際モーターショーで公開!
・イタルデザイン、限定5台のみが販売されるスーパーカーの画像を公開

■関連動画