Amazon EchoとEcho Plus、音楽ファンが買うべきスピーカーは? デザインや機能を比較

写真拡大

 Alexa搭載のスマートスピーカー・Amazon Echoシリーズ。最も小型で安価なAmazon Echo Dot(5980円)、ファブリック素材が特徴のAmazon Echo(11980円)、そしてスマートホームハブ付きのAmazon Echo Plus(17980円)の3種類を展開しているが、音楽的視点で見たときにはどんな違いがあるのだろうか。今回は人気機種のEcho、上位機種のEcho Plusのデザインや音質、スマート家電との連携などを比較した。

(関連:Amazon Echo と Google Home、どちらのAIスピーカーを買う? 音楽機能中心に徹底比較

■デザイン

 まず大きく違うのはデザイン。どちらも筒状ではあるが、現在日本で発売されているEchoはファブリック素材で、部屋になじみやすいデザインに仕上がっている。一方Echo Plusは金属製で下部から音が再生される、まさしくスピーカーといった印象が強い。大きさとしてはEchoが148×88×88mmで重さは821g、Echo Plusが235×84×84mmで重さは954g、とEcho Plusの方が縦長でぐっと重い。

 また、Echoでは「+」「ー」ボタンを押して、Echo Plusでは上部をひねって音量を調整するという違いもある。つまりEchoの場合、「アクションボタン」「マイクオフボタン」「+」「ー」の4つのボタンが、Echo Plusの場合は「アクションボタン」「マイクオフボタン」の2つのボタンが上部についている。個人的にはこうしたデザインも含め、Echo Plusの方が重厚でクールに感じた。

■音声認識能力、音質

 一方、音声認識能力については大きな差は感じなかった。どちらもほとんどの呼びかけには正確に反応したものの、「欅坂46のサイレントマジョリティーを流して」と言った際にEcho Plusが「見つけられませんでした」と回答、「止めて」と言ってもEchoが反応しない、などという場合も。再度やり直すとどちらも反応したため、単なるエラーだったようだ。Alexaアプリは音声認識ができたかどうかを判定し進化していくので、精度はさらに今後も上がっていくことだろう。しかし「アレクサ」と大声で呼びかけずとも、しっかりと反応してくれるのは嬉しいところ。音質もほぼ同じだという印象だが、音楽を再生した際にはファブリック素材で覆われているEchoよりも、Echo Plusの方が若干はっきりしているように聴こえた。しかし、それも特に気にならない程度の違いだった。

■スマート家電との連携

 EchoとEcho Plusの最大の違いは、スマートホームハブの有無。スマートホームハブはスマート家電を操作する際に各製品に信号を送るために必要なデバイスだが、Echo Plusにはスマートホームハブが内臓されている。照明やスイッチ、ロックといったスマート家電をコントロールする際、Echo Plusに「デバイスを探して」と呼びかけると対応家電を探して接続し、簡単に連携できるのだ。現在対応しているのはZigBee製品のみだが、今後ますます増加していくと思われる。12月8日現在、Amazon.co.jpにてAlexa対応のスマートホームハブは6980円で販売されていたため、今後スマート家電とAIスピーカーを連携して、照明の点灯やテレビのオンオフなどを音声で操作したいというユーザーは、もともとスマートホームハブが内蔵されているEcho Plusを購入すべきだろう。

 現状ではEcho PlusとEchoに大きな違いは感じなかったというのが正直なところ。やはりEcho Plusはスマートホームと手軽に連携できる、というのが大きな利点のため、音楽聴取を主な目的とするのであれば、Echoで十分満足できそうだ。(村上夏菜)